神楽坂|オザキヤ靴店 数なら負けない

文学と神楽坂

靴のオザキヤ「オザキヤ靴店」について、ただただもう大量な靴があります。場所はここ

オザキヤ靴店
西村和夫氏は『雑学 神楽坂』にこう書いています。

 日本人が靴を履き始めた時代から100年にわたる靴屋だ。明治末、創業者が洋行帰りの人から履き潰した靴を貰い受けて、それをばらして構造を研究して製造販売から修理まで行った。まだ既製品の靴がない時代全てがオーダーメイドで、昭和の初め頃まで『銀座に劣らぬ職人がいる』と、神楽坂は山の手の政治家や文化人に贔屓にされた。

現在は3代目です。

神楽坂2丁目に戻る場合
神楽坂の通りと坂に戻る場合は

スポンサーリンク

コメントを残す