リンゴ|熱海湯温泉

『拝啓、父上様』1話から

リンゴ

石段(勝手口外)
  一平、ゴミバケツにゴミを開ける。
  戻ろうとした時、石段上から、
女の声「ア!」
  ふり向いた一平。
  音楽――中断。

リンゴ

  一平の目に、
  石段上から夕陽の中を、無数のリンゴがころがってくる。
  底の抜けたダンボールを手にもって、石段上に呆然と立つ少女。
  一平。
  あわてて落ちてくるリンゴを拾う。
  少女、かけ下りつつリンゴを拾う。
  コロコロ石段をころがる無数のリンゴ。
  一平走りつつリンゴを拾う。
  少女も。
  一平、急いで勝手口へとびこみ、カゴを持って出てその中にりんごを集める。
  少女にカゴを示す。

少女

  少女、頭を下げ、拾ったリンゴをそのカゴに入れる。
  階段を上り、又かけ下り、懸命にリンゴを集める二人。
  しばらく。
  ――。
  漸くその作業が終了する。
  一平、少女と初めて向き合って立つ。
  少女――美しい。
少女「メッシ! メッシ・ボクゥ!」

熱海湯 お蔵坂 拝啓、父上様 コインランドリー

スポンサーリンク

コメントを残す