神楽坂|兵庫横丁はどこから来たの

文学と神楽坂

みんな兵庫横丁はどれぐらいから知っていますか? やはり5年前ぐらい前からでしょうか。それより前にはごく少量の人は知っていましたが、他の人は誰も知らなかったのです。たとえば…
料亭幸本の若女将、寺田歩さんは2007年1~3月第15号『神楽坂まちの手帖』では

そういえば、この辺りを兵庫横丁っていうそうですね。住んでる人間
は知らないもので、「へえ、名前が付いてるんだ」って驚きました。

といっています。
もっと古く平成10年(1998年)夏号の『ここは牛込、神楽坂』では

井上 ここは神楽坂で、もっともきれいだといわれるところ。決定打
がほしい。黒塀があったりして『しのび坂』はどうか。猫の通り道な
ので「猫坂」でもいい。
 “おしのび”という感じでいい。あのあたりは昔は確か本多横丁
からも抜けられた。

この座談会に登場する3人とも「兵庫横丁」という用語は全く知りません。

ところが平成22年(10年)の「神楽坂粋なまちなみルール」(案)では正々堂々と兵庫横丁が出てきます。

実は水野正雄氏が『神楽坂界隈』「中世の神楽坂とその周辺」で「平成7年、神楽坂街づくりの会のフォーラムの際、ここの横丁名を「兵庫横丁を名付けるよう私から提案をしておいた」と、書いています。その際、やはり1説だと書けばよかったのに…水野正雄氏は本当にすごい人なんですが。

まあこのあたり、歴史的な云々は別として、以前にはなかった場所、江戸時代ではまったくなかった路地だと、知っておきたいところです。江戸時代と現在では場所も違います。もう正しいことになったのでまあ仕方がない…としておきましょう。でも、兵庫横丁という用語はいい言葉です、うん。

神楽坂の通りと坂に戻る

文学と神楽坂

兵庫7

文学と神楽坂

スポンサーリンク

コメントを残す