坪内逍遥旧居跡

.坪内逍遥旧居跡jpg

文化財愛護シンボルマーク
新宿区指定史跡
坪内(つぼうち)逍遥(しょうよう)旧居(きゅうきょ)(あと)
(文芸(ぶんげい)(きょう)会演劇研(かいえんげきけん)(きゅう)所跡(じょあと))
     所 在 地  新宿区余丁町七先
     指定年月日  平成二十一年三月六日
 坪内逍遥は、明治二十二年(一八八九)から熱海の
双柿舎(そうししゃ)へ居を移す大正九年(一九二〇)まで、余丁町
に居住した。
 この約三十年間に坪内逍遥は、早稲田大学で教鞭を
執る傍ら、雑誌『早稲田文学』の発行、シェークスピ
ア作品の研究・翻訳等を行なった。
 また、後期の文芸協会を主宰し、明治四十二年
(一九〇九)には敷地内に文芸協会演劇研究所を設け、
基礎理論のほか、実際の演技指導が行われ、後の日本
の演劇界を担う多くの人材を養成した。
 現在、自宅として使用した建物や演劇研究所は滅失
しているが、この地は、日本近代文学及び演劇史上重
要な場所である。
   平成二十一年三月
              新宿区教育委員会
スポンサーリンク

コメントを残す