神楽坂|椿屋 もう老舗に

文学と神楽坂

さらに「神楽坂上」に向かって行きましょう。左側は「椿屋」です。お香と和雑貨の店。いつも香を焚いています。創業は平成14年(2002年)。なぜか老舗になってます。場所はここ

tubakiya

以前は「宮坂金物店」でした。昭和5年ごろには「宮坂金物店」の前には縁日になると金魚すくいが出ていました(新宿区郷土研究会20周年記念号『神楽坂界隈』平成9年)。

神楽坂3丁目に戻る場合
神楽坂の通りと坂に戻る場合は

文学と神楽坂

スポンサーリンク

神楽坂|椿屋 もう老舗に」への2件のフィードバック

  1. 安藤一徳

    宮坂金物店、私にとって青春の思い出です。何しろ大学4年間アルバイトしていましたので。写真のビルは私が4年生の時に工事をしていました。その際は道路を挟んだ五十番の隣の店舗(宮坂さんのビルですが)で仮営業していました。
    私が卒業してからこのビルで営業しておられました。今は仙台に住んでおりますが、たまに帰省して神楽坂を訪問すると、あまりの変わりように驚くばかりです。ここ数年行くことがなかったのですが、まさか閉店して別の店舗になっていたとは・・・。時の流れとはいえ、さびしい気持ちになります。 ただ、幾つになっても神楽坂はいい場所ですね。貴重な記事ありがとうございました。

    返信
  2. yamamogura 投稿作成者

    いいえ。でも金物店が金物店として残っている場所が驚きです。このビルの名前は「ヒルサイド神楽坂」で対面は「ミヤサカビル」です。閉店しても十分お金は稼いでいるので、さびしい気持ちはあまりしません。

    返信

コメントを残す