横寺町|由来

文学と神楽坂

横寺町は「町方書上」で

町名之起り通寺町之横町候間、横寺町唱候

と書かれています。新宿歴史博物館の『新修 新宿区町名誌』ではこれを受け

町名は(とおり)(てら)町の横町であったことに由来する。

と、「とおりてら」町の横町だとしています。
明治44年に横(でら)町になりました。ここで「よこ()らまち」とふりがながついています。
一方、2000年、町の「よこてらまち」の編集会議で、

過日、編集会議の席で横でら町か、横てら町かの話が突然だされました。その後、調査のため区役所等へ問い合せをした結果、横てらまちが正しいことが判りました。今まで使い慣れていた言葉、読み方が誤っていたことが解かり、変な気持ちです。よって表紙の題字を平仮名で大きく印した次第です。

ウィキペディア、マピオン、日本郵便では「よこてらまち」が正しいと考えています。
一方、消防署と新宿区歴史博物館は「よこでらまち」が正しいと考えています。
警察署、新宿区は漢字の「横寺町」しか使っていないようです。

以上、横寺町をどう読むのか……困っています。「横寺町」と漢字だけしか使わないようにしようっと。

まあ、北町、中町、南町を昭和52年の新宿区教育委員会の『新宿区町名誌-地名の由来と変遷』では北町、中町、南町と漢字だけを書いています。平成22年の新宿歴史博物館の『新修 新宿区町名誌』では(きた)(まち)(なか)(ちょう)(みなみ)(ちょう)と、「まち」と「ちょう」に分けています。なぜ分けるの。理由は? 明治20年の地図でも漢字だけなのに。

スポンサーリンク

コメントを残す