歌坂|牛込中央通り

牛込中央通り(昔の火之番町)の中ほどから北へ行く坂を(うた)と呼びます。場所はここ

なぜこの坂を「歌坂」になったのでしょうか? 2つの説があります。1つは、石川梯二の『東京の坂道』や横関英一の『江戸の坂 東京の坂』に書いてあるもので、古くは船河原は大きな池で、歌坂はその他の岸に臨む坂であり、歌坂は突端・出崎の意味のアイヌ語ウタに由来したというものです。
二つ目は新宿歴史博物館『新修 新宿区町名誌』に書いてあります。江戸時代初期に酒井雅楽頭(うたのかみ)屋敷があったためです(「明暦江戸大絵図」)。
標柱は

雅楽(うた)坂ともいう。江戸時代初期、この坂道の東側には酒井雅楽頭(後の姫路酒井家)の屋敷があった(「新添江戸之図」)。坂名は雅楽頭(うたのかみ)にちなんで名付けられたのであろう。

なんとなく由来は雅楽頭だというほうがよさそうに感じます。横関英一の説ははっきりなるほどと頷くのは難しい。
歌坂 歴史 江戸時代
歌坂 現在

歌坂 写真
歌坂 写真1

鰻坂 逢坂 新坂
通りと坂にもどる

スポンサーリンク

コメントを残す