熱海湯|神楽坂3丁目

文学と神楽坂

熱海湯

熱海湯は千鳥破風造りの銭湯で、昭和29年に創業しました。今も薪で焚いているそうです。

拝啓、父上様」で田原一平がよく利用する銭湯もコインランドリーもここ。「熱海湯」正面の階段で料亭「坂下」の大女将、坂下夢子がよく猫にエサをやっていた路地もここ。上から田原一平が朝やってくるのもここです。

ただし、上に行っても有名なホテル「アグネスホテル」がでるくらいです。蔵のようなものがあったところなので日本路地・横丁学会の人たちは「お蔵坂」と呼ぶのはどうかと言っています。

atamiyu1atamiyu2
細かくはお蔵坂

神楽坂通り3丁目
小栗横丁 アグネスホテル

神楽坂の通りと坂に戻る

文学と神楽坂

スポンサーリンク

コメントを残す