酒井家矢来屋敷|矢来町

文学と神楽坂

寛永5年(1628)、小浜藩酒井家は牛込矢来屋敷を拝領しました。安政4年(1857)から幕末まで矢来屋敷は次の図によっています。北側が上です。この時代、小浜藩の上屋敷(右下の御上屋敷)と(しも)屋敷(それ以外)が接近して建っています。黄色で書いた場所は御殿表向(おもてむき)(政務や公式行事を行う場所)、赤は奥向(おくむき)(藩主の私的な場所)です。他の茶色で書いた場所は家臣や武士の長屋が多く、ほかにもいろいろなことを行いました(たとえば学問所)。矢来屋敷

新宿歴史博物館の『酒井忠勝と小浜藩矢来屋敷』(2010年)を参考にしています。無断転載ができませんので、博物館の文書を参考にして新たに自分で作りました。間違いと思われる場所はなおしています。ダブルクリックするとpdfでも簡単に手に入ります。どうぞ使って下さい。

また竹矢来も×で書きました。ただし正確に書くのは『酒井忠勝と小浜藩矢来屋敷』31頁の「竹矢来絵」よりも、35頁「往古之図」や37頁「下屋敷図」の竹矢来を拡大するほうがいいと思います。

「新撰東京名所図会」では酒井家矢来屋敷について「藩邸の坂 三条あり、辻井の坂、鍋割坂、赤見の坂」があるといっています。この辻井つじいの坂、鍋割なべわり坂、赤見あかみの坂がどこにあるのか、その所在はわからなくなっています。中央やや右寄りの道路は「牛込中央通り」とほとんど一緒になります。

芳賀善次郎氏の『新宿の散歩道 その歴史を訪ねて』(三交社)では

酒井邸の庭園は、築山山水式の優れたものであったが、戦後なくなった。旧庭園の様子は「名園五十種」にでている。

この「名園五十種」は自宅のインターネットを使って国立図書館から無料で見ることができます。発行は1910年(明治43年)、編集は近藤正一氏です。ごく一部を紹介すると

如何にも心地の好い庭である。陽気な…晴れ晴れとした庭である。庭というものは樹木鬱蒼として深山幽谷の様を移すものとのみ考えている人には是非この庭を見せてやりたく思うた。

では『新宿の散歩道 その歴史を訪ねて』に戻ります。

酒井讃岐守忠勝が、三代将軍家光から牛込村に下屋敷を貰ったのは、寛永五年(一六二八)三月であった。周囲に土手を築き、表門の石垣から東の方四二間(約八十三メートル)、西の方二六三間(約五一〇メートル)を竹矢来にしていた。このため矢来町という町名の起りになった。これは寛永十六年(一六三九)江戸城本丸の火災で、家光がこの下屋敷に難を避けた時に、まわりに竹矢来をつくり、御家人衆は抜身のやりをもって昼夜警護したことによるのである。
 それ以後酒井讃岐守忠勝は、これを永久に記念するために垣を造らず、塀を設けないで竹矢来にしたのである。その結び放した繩も、紫の紐、朱のふさ、やりとを交差した最初の名残りであるといわれ、江戸の名物の一つとなっていた。なお家光が、初めて酒井邸に立ち寄られたのは寛永十二年八月二十二日で、以来数回訪問されたことがある。
 矢来町七十一番地あたり一帯は、明治末期まで、ひょうたん形の深くよどんだ池であった。これを「日下が池」とか「日足が池」とも書いて「ひたるがいけ」と読ませていた。長さが約百八メートル、幅約三六メートル、面積八百坪(二六・四アール)であった。池の周りには、沢桔梗、芦葦などが繁茂していた。これに長さ約十二・六メートルの板橋があった。ここで家光は水泳、水馬、舟遊びに興じられたのである。

いまではひたるが池は干上がり、池があったと分かりません。残るのは階段だけですが、確かに深くよどんだ池だったのでしょう。
ひたるが池
明治になると、この巨大な酒井家の屋敷の敷地は縮小、南側だけになっていきます。最後の庭も戦後には日本興業銀行の社宅になり、統合のため、みずほ銀行社宅「矢来町ハイツ」になりました。コメントの指摘により、日本興業銀行の社宅になったのは昭和24年以前だと思えます。矢来町ハイツの門の場所には「造庭記念碑」が建っています。
造園碑

『名園五十種』にかかれた明治43年の酒井邸の庭園は遠州流で、武家茶道の代表です。茶室は江戸中期の書院造りで、幕末に水屋・手前席などを増築したものです。茶室は林丘亭として杉並区立柏の宮公園にあり、牛込屋敷が日本興行銀行の社宅となった時に当時の頭取がここに移築しました。名園1
駒坂 瓢箪坂 白銀公園 一水寮 相生坂 成金横丁の店 魚浅 漱石と『硝子戸の中』  矢来公園
神楽坂5丁目 朝日坂 Caffè Triestino 清閑院 牛込亭 川喜田屋横丁 三光院と養善院の横丁
通りと坂に戻る

文学と神楽坂

スポンサーリンク

酒井家矢来屋敷|矢来町」への2件のフィードバック

  1. 中島勝

    大変興味深く拝見しました。興銀の社宅のことを懐かしく思い出しています。私の通っていた市谷小学校の同級生に矢来の興銀社宅に住んでいる友人がいました。社宅に遊びに行くのがとても楽しみでした。というのは社宅といっても江戸時代そのままの大名屋敷を数部屋ずつ割り振って社宅に使っていたのです。納戸と呼ばれていた一角は全て板敷きでバスケットが出来るほどの広さでした。牛込一帯は戦災で大半が焼け野原となりましたが、酒井屋敷は広大な庭があったので全焼を免れたのかもしれません。なお私が彼と同級になったのは昭和24年、1949年ですからすでにその当時興銀の社宅となっていました。昭和34年に社宅になったというのは何かの間違いではないでしょうか。

    返信
    1. yamamogura 投稿作成者

      はい、コメントを変えました。いつだったのでしょうか?

      これを書いたのは「神楽坂考」2010-09-19「酒井忠勝と小浜藩矢来屋敷 特別展に」の中で、「実は私はこの酒井家の下屋敷のあった敷地にある銀行の社宅に永らく住んでいた。明治に入ってからも敷地はだいぶ縮小したものの、華族酒井家の屋敷としてずっと存在していた。その庭園は名園であったようだ。明治時代の古地図を見ると、華族屋敷がぽつぽつとこの辺りには見うけられる。どれも広大であり、いったいどんな生活をしていたのだろうと思われる。銀行の社宅として酒井家から購入したのが昭和34年12月と、資料にはあった。ここにあった茶室が当時の浜田山グラウンドに移築され、ここは今では杉並区立柏の宮公園となっているが、いまだ現存している。」と書いています。(http://d.hatena.ne.jp/macky-jun/20100919)

      返信

コメントを残す