神楽坂|ノエル・ヌエット

文学と神楽坂

ノエル・ヌエット氏は詩人、画家、教師ですが、「神楽坂」という木版画の前に1937(昭和12)年1月30日にペン画を書いています。『東京:古い都・現代都市』(1937年、日佛會館)に載っています。キャプションは日本語では「牛込神樂坂附近の横丁が軒なみ日本料理店が立並び、夜になるとそこから三味線の音、歌聲、笑聲、手を拍つ音が聞える」です。

神楽坂

文学と神楽坂

スポンサーリンク

コメントを残す