芸妓の言葉

文学と神楽坂

三業   さんぎょう。料亭・待合茶屋・芸者屋の3業種。ちなみに二業は料亭と芸者屋
花街   かがい。はなまち。いろまち。芸者屋・遊女屋などが集まっている町。遊郭。花柳街
花柳界  かりゅうかい。芸者・遊女などの社会。遊里。花柳の(ちまた)
料亭   主として日本料理を出す高級な料理屋
芸者置屋 げいしゃおきや。正確には女郎置屋や芸者置屋。俗語としては単に置屋で通用。芸妓を抱えて、料亭・茶屋などへ芸妓の斡旋をする店。原則は客をあげて遊興させない。
待合   まちあいぢゃや。待ち合わせや男女の密会、客と芸妓の遊興などのための席を貸し、酒食を供する店。
芸妓   歌や三味線、舞踊など、芸の習得に厳しい稽古を積み、酒宴で披露して客をもてなす女性。遊女とは一線を画す。
見番   けんばん。検番、見番。三業組合の事務所。遊里で芸者の取り次ぎや送迎、玉代(ぎよくだい)の精算などをした所。現在は見番横丁に。
箱屋   はこや。三味線などを持って客席に出る芸者に従って行く男衆。見番に属する。箱まわし。箱持ち
半玉   まだ一人前として扱われず、玉代(ぎよくだい)も半人分の芸者。雛妓(おしゃく)とも。踊りと太鼓を演じるが、三味線は弾かない。大半は16歳で芸者に
スポンサーリンク

コメントを残す