軽子坂|歌川広重団扇絵「どんどん」

文学と神楽坂

 軽子坂を別の向きで描いた絵があります。広重団扇絵で「どんどん」「どんどんノ図」や「牛込揚場丁」という題が付いています。版元は伊勢屋惣右衛門で、天保年間(1830-44)後期の作品です。(絵は拡大できます)

牛込揚場丁どんどん ちなみに江戸時代、飯田町と神田川にかかる船河原橋のすぐ下には堰があり、常に水が流れ落ちる水音がしていました。これから船河原橋は「どんど橋」「どんどんノ橋」「船河原のどんどん」などと呼ばれていたといいます。

広重団扇絵|牛込揚場丁|どんどん3左奥に見えるわたりやぐらは牛込御門で、その向かいは神楽坂です。

広重団扇絵|どんどん|牛込揚場丁2目を近くにやると、茗荷屋という船宿から(赤い扇子を持った若旦那が芸者さん二人と船に乗り込む様子が見えます。船宿の奉公人たちが酒、肴を抱え、お客さんの乗り込むのを待っています。

広重団扇絵|どんどん|牛込揚場丁3少し上を見ると左手には「自身番屋」が建っていて、木戸があるのもみえます。番屋と木戸のすぐ先は、見えませんが、右側に上る坂道があったはずです。これが軽子坂です。その手前の右側一帯は揚場町で、ここで荷を揚げたため。この神楽河岸があることが神楽坂が盛り場として発展していくために重要でした。

揚場町 自身番屋

地図では「軽子サカ」の左に黒の穴あき四角で書いたものが見えます。これが「自身番屋」です。町内警備を主な役割とてし町人が運営しました。自身番の使用した小屋は自身番屋・番屋などと呼ばれました。

自身番写真では右側の家に「自身番」と書いていますね。自身番は火の番も重要な役割でした。(ワープステーション江戸のPRで)

夏目漱石の『硝子戸の中』ではこの神楽河岸から浅草猿若町まで舟で出ていき、芝居を見たのを描いています。

神楽坂の通りと坂に戻って

スポンサーリンク

コメントを残す