ケファロニア島」カテゴリーアーカイブ

オーシャニアクルーズ。第6日。ケファロニアー身障者の外国旅行

 10月28日(日)、10時からケファロニア島アルゴストリ市に着岸する予定。ケファロニア島は石灰岩ばかりの島。地図を参照。目的は地底湖だけです。

ケファロニア島は石灰岩が見える

ケファロニア島は石灰岩が見える

 630、起床。どうもおかしい。実際は530だった。昨日で夏時間が終わって、標準時間になったのでした。

 今日の船内新聞はケファロニア島について。それ以外に面白い記事はなさそう。

 705、ウェーブズグリルで朝食。ここで食べたくはないと思っても、寄港地ツアーに参加してみると、食べ物はここだけしかないのです。

アルゴストリ港。長い桟橋。

アルゴストリ港。長い桟橋。私たちのバスは中央左手に見えている。

島とバスの経路

バスの経路は橙色に

 1015、5階で寄港地ツアー「メリッサニ湖とドロガラティ洞窟」に。1人$129(約15,000円)。1030、出発。ガイドは中年女性で、英国的な訛り。

 最初はドロガラティ洞窟。私は洞窟に行かない。ここで1時間。「たいしたことはなかった」と妻。ただの鍾乳洞だし。そうでしょう。

ドロワガティ洞窟

ドロワガティ洞窟。撮影は妻。1周すると終わり。

 米国の中年の女性は中で撮った写真を見せてくれる。すごく明瞭なアメリカ訛り。どうもほとんど全員がアメリカの訛りだった。そういえば、船のエレベーターの前や中でもアメリカ英語だけをしゃべっていた。
 アメリカ人だと半額で乗れる。たとえば、日本人は1人で40万円かかる場合だとすると、アメリカ人だと同額で2人が乗れる。2人で40万円。1人だと、わずか20万円。だから米国人はこれほど多くなったのですね。

 メリッサニの地底湖もやはり1時間。メリッサニ湖はブルーホールのひとつで、元々はただの鍾乳洞だった。今年の「地中の歩き方」のメリッサニ湖の写真でも、また「グレートブルーホール」の写真でも、なぜか、まん丸な穴になっている。

「地球の歩き方」から

「地球の歩き方」からメリッサニ湖

ブルーホールブルーホールは鍾乳洞だった

中米ベリーズのブルーホールも鍾乳洞だった


 地底湖に行く場合、最初は長いスロープで、1人だけで進めた。200m弱ほど進み、最後に階段。4~5段ぐらい。なんとかこの階段を進むと、漕ぎ手が私を抱きかかえて、新しいボートに乗せた。やはり抵抗しないこと。漕ぎ手は「Tip」と書いた箱を見せている。

メリッサニ湖。対面の2人も日本人。

メリッサニ湖。対面する2人も日本人。

メリッサニ湖は鍾乳洞の名残がある。

メリッサニ湖は鍾乳洞の名残がある。

 最後はツアーの最北端、きれいな白亜のミルトス・ビーチ。夏になると店舗も数店でているという。250、ツアーは終わり。

ミルトス・ビーチを上から見る

ミルトス・ビーチを上から見る。

 300、またウェーブズグリルで昼食。私はマグロバーガー。

 船長のアナウンスははいるが、よくわからない。あとで手紙が回ってきた。暴風雨でコトルで1泊する予定だという。

 630、夕食。フレンチの「ジャック」で。ジャック・ペパン自身がお年寄り。生まれは1935年。彼はフランス生まれの米国人で、有名になったのもテレビ。昔ながらの料理が有名で、新しい料理(キュイジーヌ)などは論外です。私たちが頼んだものはメニューでは黄緑色です。

 昔からやっていたテレビ料理人よりも星3つや2つの料理人のほうがよく聞こえるし、星3つや2つのレストランは東京や京都ではそれこそ沢山ある。美食の船といっても、日本人にとっては嘘っぽく聞こえる。「なんとか、ここまでやったんだ、えらいえらい」と褒めてあげよう。でも星はまだまだ。

メリッサニ湖とドロガラティ洞窟。寄港地ツアー。

メリッサニ湖とドロガラティ洞窟 ARG-001 3時間半 1:00

 ケファロニアの自然の魅力を見ましょう。ドロガラティ洞窟や地下のメリッサニ湖などで、地下に広がっています

 桟橋から出発すると、ケファロニア島の東岸に向かって進みます。この島はイオニア諸島の最大の島です。ドロガラティ洞窟に到着すると、階段を降り、大きな洞窟に行き、採光のもと劇的な効果が生まれます。鍾乳石は、ギザギザのカーテンのように天井から垂れ下がり、古代の石筍は岩場の床から上がってきます。色は主に赤、オレンジ、黄色、白で、岩の中の鉄分と、白亜と石灰岩の層からできています。

 この洞窟の年齢は推定約1億年ですが、約300年前までは発見できず、激しい地震が入り口を開いたのです。「歓楽の部屋」という洞窟の内部では、音響は完璧に近いと考えられ、コンサートはしばしば音量のある洞窟の内で行われます。有名なオペラソプラノのマリア・カラスもここで歌いました。

 続いて、北に向かい、途中でサミ町を通り、さらに有名なメリッサニ湖に出ます。この地下で起こった現象は、まさに魔法のようで、数十年前に天井の一部が崩壊し、現在は30メートルの上から来る光の軸で囲まれます。小さなボートで湖に入り、静かに漕いでいき、表面はほとんど乱さないようにします。この塩水はイオニア海の海水とアルゴストリの淡水が混じったものです。天井由来の鍾乳石は、少なくとも2万年前からと推定されています。

 その後、アルゴストリに戻ってきます。イタキ島の海峡を渡って絵のような沿岸ルートを通り、壮大な景色を望み、ミルトス湾が見え、本当に透明な白い崖が続きます。

注意。このツアーには約1時間の歩く行程があります。しかし、洞窟内の表面は自然のままで、ゴツゴツし、滑りやすい場所もあります。 ドロガラティ洞窟では階段もあります。参加者はメリッサニ湖の小さなボートに限られた援助で出入りします。ツアーは車椅子のお客様にはご利用いただけません。移動の心配がある方には適していません。快適な衣服、帽子、平坦なウォーキングシューズをお勧めします。かかとがある靴は履かないでください。洞窟の気温は冷たくて軽いセーターやジャケットも提案されています。

⇦ もどる

10.29
MELISSANl & DROGARATI CAVE

Behold the natural attractions of Cephalonia, including those beneath the surface, such as the Drogarati Cave and subterranean Melissani Lake.

Departing from the pier, you’ll drive toward the eastern shore of Cephalonia, the largest Ionian island. Arriving at the Drogarati Cave, you’ll descend a flight of stairs into a large cavern which is lighted for dramatic effect. Stalactites hang from the ceiling like jagged curtains, and ancient stalagmites reach up from the rocky floor. The colors are predominately red, orange, yellow and white, from the iron content in the rock and the layers of chalk and limestone.

Although estimated to be 100 million years old, the cave wasn’t discovered until about 300 years ago when a violent earthquake opened an entrance. Inside the cave’s Chamber of Exaltation, the acoustics are considered near perfect, and concert events are oftenheld in its voluminous interior. Even the famed opera soprano, Maria Callas, sang here.

Continuing on, you will travel in a northerly direction, passing the town of Sami en route to the renowned Melissani Lake. This underground phenomenon looks absolutely magical in the shafts of light that come from 100 feet above, where parts of the ceiling collapsed decades ago. You’ll enter the lake by small boat, paddled in so it hardly disturbs the surface of the water, which is a brackish mix of saltwater from the Ionian Sea and freshwater that originated back in Argostoli and then flowed across the island. The stalactites hanging from the ceiling here are estimated to be at least 20,000 years old.

Afterwards, you’ll return to Argostoli via a picturesque coastal route that offers spectacular views across the strait to the island of Ithaca, and further along, Myrtos and its dramatic sheer white cliffs.

Please note. This tour includes approximately l hour of moderate walking; however, surfaces inside the caves are natural, uneven and can be slippery. There is also a flight of steps to negotiate at Drogarati Cave. Participants must be able to enter and exit the small boats at Melissani Lake with limited assistance. The tour is not available to wheelchair guests and not considered suitable for those with mobility concerns. Comfortable clothing, hat and flat walking shoes are recommended. No heels please. Temperatures in the caves can be cool so a light sweater or jacket is also suggested.

ケファロニア島について。Currentsから

 イオニア海のケファロニア(Kefalonia、Cephalonia)島は、驚くほど美しく、石灰岩がつくった切り立った崖、斜面にはオリーブの木が点在する段々畑があります。島の頂点はアイノス山で、標高は1774メートル。広い地域はよく茂った亜熱帯植物でおおわれ、偉大な山や海が織りなす景色は島中で見えます。
 ケファロニア島の多くの場所は、激動する歴史を反映し、王や支配者は絶えず変わりました。中世ではシチリアのノルマン王が島を支配し、その後、イタリアの領主だったモレアス専制公は300年ほど支配しました。 1478年には、トルコがこの島を征服し、20年後にはベニスに敗北しました。そして、短時間ですが、英国も支配しています。最後に1864年、ケファロニア島はギリシャに戻りました。 1823年、バイロン卿は数か月をこの島で過ごし、人々の不朽の精神、自然の美しさと豊かな歴史に魅了されました。
 ケファロニア島を訪れる人は、穏やかなアッソスの漁村や美しいアルゴストリの町などで時間を過ごしています。島のその他のハイライトには、ベニスの要塞、13世紀の城、壮観な洞窟などがあります。
 島の最大の町で活気のある州都アルゴストリは、半円形に並び、盛んな都市生活もあり、活発な歓楽地もあります。あらゆる趣味の店、ほっとするコーヒー、近所のバー、またビーチもあります。アルゴストリは1953年の地震で完全に崩壊しましたが、古いベニスの建築はまだあります。巨大壁がある旧クラニ街を見ることも、歩行者通りを歩くこともできます。機会があれば、地元のフィルハーモニー管弦楽団が伝統的なイオニアの歌を演奏するでしょう。遊歩道を歩き、波止場を散策することもできます。
 アルゴストリの多くの娯楽地は港から徒歩圏内です。古い建物の再建が今も行われているものもありますが、大部分はここ60年間に再建は終えています。市の中心はバリアヌ広場で、店舗、タベルナ、その他の商業地に囲まれています。広場の2ブロックほど南に主要ショッピング街、リトストロトがあります。これは歩行者専用の石畳の商店街です。市内には2つの素敵な小さな博物館があります。考古学博物館には、ミケーネン時代からローマ時代までの遺物があります。コルヤレニオス歴史民俗芸術博物館には、地震以前での島の展示が沢山あります。美しいデボセット橋は19世紀初頭に建築され、数年後には石橋で置き換えられました。ここは街で最も人気のある撮影スポットの1つです。また、地震後に再建されたドーリア式の灯台も撮影スポットです。
 地元の料理を試していないままアルゴストリを去ろうとするのはいけません。昼食のために心のこもったケファロニアっ子のミートパイを試し、島で生産する地元のワイン、ロボラを飲みましょう。アルゴストリの主要な道のパン屋で丸いチーズパイを食べ、パンを手に取ったら地元のタイム・ハニーをつけるのを忘れずに。

⇦ もどる

The Ionian Island of Kefalonia, also known as Cephalonia, is strikingly beautiful, with jagged limestone cliffs and terraced slopes dotted with olive groves. The highest point on the island is Mount Ainos, rising to 5,914 feet (1774 meters). Large areas are covered by luxuriant subtropical vegetation, and all around the island, the scenery offers magnificent views of the mountains and the sea.
Many sites on Kefalonia reflect its tumultuous history of ever-changing kings and rulers. The Norman Kings of Sicily ruled the island during medieval times, followed by Italian overlords who ruled for three centuries under the principality of the Morea. In 1478, the Turks conquered the island only to be defeated 20 years later by the Vegetians. And, for a short time the British ruled here as well. Finally in 1864, Kefalonia was returned to Greece. In 1823 Lord Byron spent several months on the island, captivated by the enduring spirit of the people, the natural beauty of the land and its rich history.
Visitors to Kefalonia look to spend time in such places as the serene fishing village of Assos and the scenic town of Argostoli. Other highlights on the island include a Venetian Fortress, a 13th century castle and spectacular caves.
The biggest town of the island and the lively capital of the island is Argostoli, a town built amphitheatrically, with intense city life and active, full of various types of entertainments: shops for every taste, coffee to relax, bars and beaches nearby. Although Argostoli was totally ruined by an earthquake in 1953 there are still sites that depict the old Venetian architecture. You can see the old town Krani with the Cyclopean Walls, you can walk on the pedestrian street, where if you have the opportunity you may encounter the local philharmonic orchestra playing traditional Ionian songs; you can complete your promenade strolling through the dock.
Argostoli’s attractions are mostly within walking distance of the port. Though some are reconstructions of older buildings, for the most part, the capital has been reconstructed over the last 60 years. The meeting point in the city is Vallianos Square surrounded by shops, tavernas and other businesses. A couple blocks south of the square is the main shopping street, Lithostroto. which is a pedestrian-only cobblestone shopping mall. There are two nice small museums in the city. The Archaeological Museum has artifacts from Mycenean to Roman times. The Korgialeneio History and Folk Art Museum includes many displays showing the island prior to the earthquake. The picturesque De Bosset Bridge was built of wood in the early 19th century, but replaced a few years later with stone. It is one of the city’s most popular photo spots along with the Doric-style lighthouse rebuilt after the earthquake.
Don’t leave Argostoli without trying a few of their local specialties. Try a hearty Kefalonian meat pie for lunch, and wash it down with a glass of Robola, the local wine produced on the island. Drop by the bakery on Argostoli’s main thoroughfare for a round cheese pie, and pick up some bread to drizzle local thyme honey on.