サントリーニのCurrents


素晴らしいサントリーニ島は――紀元前1450年頃、世界で一番の狂暴な噴火で有名ですが――議論の余地はなく、ギリシャの島で一番ドラマチックな景観です。正式にはティラ島ですが、ラテン語のサントリーニ島という名前も残っています。ビーチは真っ黒で、無骨な景色、衝撃的なカルデラ(噴火口)などは、キクラデス諸島ではなくカナリア諸島に似ています。白亜の教会や崖上の家々は魅力的です。

白壁の村々は切り立った崖の上にあり、またエーゲ海は信じられないほど青く、カルデラは数千年前に崩壊した火山で形成されています。サントリーニ島は神々が生まれた土地だという神話がありますが、それも不思議ではありません。その州都フィラはカルデラの頂上にあり、村は和気藹々です。フィラへ移動するにはケーブルカー、ロバ、歩行の3つだけで、友好的なカフェや店舗、現代ギリシャの島の建築がある町は、石畳の迷路です。一方、イアの街は美しく、比類ない夕日で有名です。庭園、ブドウ園、教会、洞窟を探索しましょう。これらのビーチは雄大ですが、しかし、ゆったりとしています。赤、白、黒、金色と色鮮やかな光景は、世界で一番美しい岸辺です。自然と村の生活が調和した、この華麗な島を探索しましょう。

これは自然美を愛好する人の島でもあります。太陽を楽しむ人はそのビーチだけを好むのではありません。一番の景色は、カルデラに接する切り立った崖です。カルデラは島の中心が基本的に崩壊したときに形成されたもので、岩石、溶岩、軽石の崖の多彩な地層に地質学者は驚嘆します。カメラを持ち、準備をして、地球の動きを感じましょう(おそらく文字通りにそうなります。サントリーニ島の最新の大地震は1956年でした。最近では2009年6月26日に地震は起こっています。)

サントリーニ周辺にある湾は、実際に世界最大の噴火口であり、3500年前にテーラ火山(いまだに活火山です)の大噴火がありました。また、一部の人々は、この湾は伝説では失なった都市アトランティスを覆い隠すためだと考えています。ここには想像力を働かせるあらゆるものがあります。1956年に地震が発生し、その後、テラ市、現代のフィラ市は完全に再建されました。

サントリーニ島は食べ物の楽園でもあります。古くからの噴火による火山灰は島を肥沃にし、ここでの農産物の質は真の自然の奇跡です。 2000以上のレストランが60マイル(97キロ)の島に点在しています。食事は前菜(メゼデス)で始まります。白ナス、島特有のお菓子、ケイパー、チェリートマト、オオムギのラスク、ファバ豆のパティとディップ。挽肉はここの特産品で、 ムサカやナスやパティシオで包んだラムの挽肉、マカロニとベチャメルソースがある牛のひき肉を試してみてください。

サントリーニのブドウ園は実に見事で、多くの地元のワインは、アースティーコのブドウから得て、新鮮な白ワインになります。ナイケテイは新鮮でも、もっと強力です。驚くほど熟成した赤ワインでは、ブドウとしてマヴロトラガノを試してみてください。サントリーニ島のショッピングは楽しく麗々しく、店舗は賑わい、民芸品、手工芸品、皮革、布製品、ワインでいっぱいになります。イアの市場は本物のギリシャ産で、もっぱら地元の人がやってきます。フィラでは多くの土産物があり、豪華な小物を買うのに最適な場所です。

Spectacular Santorini– scene of one of the world’s most violent volcanic eruptions around 1450 BC — is inarguably the most scenically dramatic of all the Greek islands. Officially the island is Thira, yet the Latin name of Santorini persists. With its pitch-black beaches, rugged landscape and stunning caldera (volcanic crater), it’s more akin to one of the Canary islands than the Cyclades, though its whitewashed churches and clifftop houses score highly in the charm stakes.
White-washed villages cling to cliff sides over the unbelievably blue Aegean Sea on this caldera, the ring formed by a collapsed volcano thousands of years ago. No wonder myths claim Santorini as the birthplace of gods. Its capital, Fira, is a welcoming village nestled atop the caldera. Accessible only by cable car, donkey or plenty of walking the town is a cobbled labyrinth of friendly cafes, shops and contemporary Greek island architecture. The town of Oia is just as beautiful, hailed for its unmatched sunsets. Explore its gardens, vineyards, churches and caves. Beaches here are dramatic, yet relaxing. Colored shores of red, white, black and gold are easily amongst the world’s most beautiful. Explore this brilliant island where nature and village life mingle in harmony,
This is the island for lovers of natural beauty, though sun seekers may not fancy its beaches. Best views are from the cliffs bordering the caldera, which was formed when the center of the island basically collapsed into itself. Geologists marvel at the cliffs’ multi-hued strata of rock, lava and pumice, so take your camera and be prepared to feel the earth move (perhaps even literally — Santorini’s most recent major earthquake was in 1956, although there was one nearby as recently as June 26, 2009.
It’s worth remembering that the bay surrounding Santorini is actually the world’s largest volcanic crater, created 3500 years ago by a massive eruption of the Thera volcano (which is still active). The bay is also believed by some to conceal the legendary lost city of Atlantis. There’s plenty here to set your imagination working. even though the modern-day city of Thira, officially Fira, was completely rebuilt after an earthquake in 1956.
Santorini is foodie paradise. Volcanic ash from eruptions throughout antiquity have fertilized the island, so that the quality of produce here is a genuine wonder of nature. More than 2000 restaurants dot the 60 mile (97 kilometer) island. Meals start with mezethes, small appetizer plates. Sample white eggplant, a sweet variety unique to the island, capers, cherry tomatoes, barley rusks, and patties and dips made of fava beans. Minced meat is a specialty here. Try moussaka, minced lamb with eggplant or pastitsio, minced beef with macaroni and bechamel sauce.
Santorini’s vineyards are superb. Most local wine comes from the Assirtiko grape, a fresh white. Nykteri is just as fresh, but more potent. For a phenomenally aged red, try the Mavrotragano. Shopping is a fun, flashy affair in Santorini, Shops are boisterous and can be packed with folk art, handcrafts, leather, fabric goods and wine. In Oia, markets are authentically Greek and cater mostly to locals. Fira has more souvenirs and is the perfect place to buy a luxury trinket or two.

⇦ もどる

サントリーニの連絡船
午前8時から島に行きたいお客様は、目的地係の係員からリビエラのラウンジで、色付きの乗船券を入手します。ラウンジで待ち、その後 デッキ4にある出入口に向かいます。歩行困難な場合を除き、階段を使用して連絡船の乗降口に向かいます。注意。オセアニアの寄港地ツアーはすべて、アティニオス港に着岸します。個別の手配があるか、町を個別に訪れたいと思うお客様は全員フィラ町に着岸します。色付き券は個別のお客様全員に必要であり、その後、クルーズ管理者が構内アナウンスとして「乗船券使用可」と発表します。これは、大多数のお客様が降りた後で行われます。連絡船はその後、連続的に船と岸を結び、出発は約30分ごとです。

TENDER SERVICE IN SANTORINI
Guests wishing to go ashore from 8:00 am must obtain a colored tender ticket in the Riviera Lounge from a member of Destination Services. Please wait in the lounge until directed to the gangway on Deck 4. Unless you have difficulty walking, please use the stairs to gain access to the tender embarkation platform. Please Notes: All Oceania shore excursions will be tendered to Athinios port. All guests with independent arrangements or wishing to visit the town independently will be tendered to the town of Fira. Colored tender tickets are required for all independent guests until the time that the Cruise Director makes an “open tendering” announcement over the public address system. This will be done once the majority of guests have disembarked. Tenders will then operate on a continuous basis from the ship to shore and return; however the time between tenders is approximately every 30 minutes.

⇦ もどる

参考までに
ロバの道は歩行者が歩くのにはお勧めできません 。ロバに乗る観光客が使う道と同じ道であるからです。ロバは桟橋とフィラの間で行き来して、ロバの道には600段の階段があり、歩行者にとっては面倒で危険なもので、その道は滑りやすくて狭く、ロバと一緒に歩く場合には混雑する可能性があります。 また、この道には医療支援はありません。事故が発生した場合、誰も支援はできません。安全で快適なケーブルカーを使用してフィラまで行くことを強くお勧めします。

FOR YOUR INFORMATION
Guests are kindly informed that the donkey path is not recommended for pedestrian walking as it is the same path used by the tourists riding donkeys on the way up and down between the pier and Fira. There are 600 steps on the donkey path and it could become tiresome and dangerous for pedestrians. The steps on the path are slippery and narrow; and they will become crowded with donkeys. Also, there is no medical assistance provided on the path itself, so if an accident did occur, there would be no one to assist. We highly advise using the cable car to go up to Fira as it is safer and more comfortable.

⇦ もどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください