ひめ小判守|毘沙門天

文学と神楽坂

まず「ひめ小判守」について。神楽坂アーカイブスチームの樋川豊氏は「かぐらむら」でこう書いています。

 江戸時代…百足は毘沙門天のお使いで、百の足で福をかきこみ、開運・招福のご利益をもたらすと信じられていました。…山の手随一の賑わいだった神楽坂の毘沙門天では、「ひめ小判守」という名の百足小判が評判で「新撰東京名所図会」にも小判を手にとる紳士が描かれています。「財布に入れると小銭に不自由しない」とされたのですが、寅の日の縁日がなくなるとともにひめ小判も姿を消します。
 昨年、私たち神楽坂アーカイブスチームは毘沙門天善国寺様を取材した際、「ひめ小判守」の事を知り残念に思っていましたが、先日、嶋田ご住職様から「ひめ小判守を復活する」というご連絡を頂きました。お聞きすると百年振りの復刻で、ご開帳の時限定でお配りするとか。

「新撰東京名所図会」の絵にある善国寺毘沙門堂縁日の画(明治37年1月初寅の日)では
新撰東京名所図会 善国寺毘沙門堂縁日の画

ここで中央の男性はよく見ると新撰東京名所図会 善国寺毘沙門堂縁日の画2
「小判を手にとる紳士」なのかなと、まあそうなのかなあ、と思えます。
で、本物のひめ小判守は、結構小さく、4cm x 2.5cmで、値段は1000円です。これで交通安全……
ではなくって、開運・招福は大丈夫。
ひめ小判守ひめ小判守2ひめ小判守3

紅谷研究家 谷口典子さんに感謝します。ありがとうございました。

神楽坂の通りと坂に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す