クノッソスの説明版(一部)


南正門
今日見ている「南正門」は、エバンスが修復したもので、これは「酌人」のフレスコ画をコピーしたものです(図1)。
壁画は、神酒の花瓶(リートン)を持つ男を描いています。そのテーマは、エバンスによれば、「南前門」に達した「行列のフレスコ画」と関連しています。
ピトス(大きな貯蔵瓶)は、前門の東側にあり、後宮殿期(紀元前1450年〜1100年)に属し、後で貯蔵に使用したようです。
SOUTH PROPYLAEUM
The ‘South Propylaeum’ as we see it today is a result of the restoration of Evans who put up a copy of the ‘Cup-Bearer’ fresco here (Fig.1).
The wall painting depicted a man holding a libation vase (rhyton). lts theme is connected with the “Procession Fresco” which, according to Evans, reached here the ‘South Propylaeum’.
The pithoi (large storage jars) on the east side of the Propylaeum belong to the Postpalatial Period (1450-1100 B.C.), and indicate that the area was later used for storage.
東門と「大階段」
東門の大部分は、宮殿の残りの部分の上にある丘の側面に建てられているので、中央広場から見ることができません。宮殿の最も興味深い部分の1つですが、理由は 2つの階層が中央広場の下に保存されているからです。今日では、その大部分がコンクリートで再構築されています。
階層は「大階段」と呼ばれる階段のシステムによって互いに接続されています。階段は掘削中に元の位置にありました(図1,2)。階段は合計で4つあり、各2階層に2つずつあります。2つある下段は、発見したときと同じように保存されています。段差は広く、深く、緩やかな傾斜があり、簡単に上昇できます。階段は大きな光の井戸で照らされ、木製の柱の吹き抜けに囲まれています。
一連の廊下、広々としたホールと小さな部屋が あり、大階段に続きます。宮殿がクノッソス王の席であると信じたエバンスは、王室の居住区がこの場所だと仮定していました。
East wing, “Grand Staircase”
A large part of the East Wing cannot be seen from the Central Court as it is built into the side of the hill on top of which lies the rest of the Palace. It is one of the most interesting parts of the palace because two storeys are preserved below the levelof the Central Court. Today, a large part of it has been reconstructed in concrete.
The storeys are connected with one another by means of a system of stairs known as the “Grand Staircase”. The staircase was found during the excavation in its original position (Fig.1,2). There is a total of four flights of stairs, two for each storey.
The two lower flights are preserved as they were found. The steps are broad and deep, with a gentle incline that makes for an easy ascent. The staircase is lit by a large lightwell and surrounded by a colonnade of wooden columns.
A series of corridors, spacious halls and small rooms is connected to the Grand Staircase. Evans, who believed that the Palace was the seat of the king of Knossos hypothesized that the residential quarters of the Royal family lay in this part of the site.
「双斧の間」と「女王のメガロン」

双斧

双斧

ミノア時代の政治組織に関する考古学的情報はごく限定しています。それにもかかわらず、ミノス王に関して、また王権制度のエバンスの解釈に関して、神話的伝統は、宮殿やその空間に影響を与えてきました。「王家居住区(Royal Apartments)」はこの地域に位置しています。
「双斧の間」(Hall of the Double Axes)
「双斧の間」(図1)は、命名者はエバンスがですが、後ろにある光の井戸の壁面に刻印した二重の斧という絵のためです。彼はまた、それがクノッソスの王座か王の居住地であると考えました。
  中央領域は側面3面に開口部があり、したがって「ポリチロン」(出入口が複数ある状態)と呼ばれています。床に厚板があり、壁は石膏の厚板とフレスコ画で装飾されています。「ポリチロン」と光の井戸の間の領域は迎賓館として使用されました。木造の痕跡がここに見つかりました。エバンスはこの場所で木製の王座を再建しました。考古学的な発見によると、上層階の居住区の配置は1階の居住区と似ていました。

双斧の間

 

「女王のメガロン」
「双斧の間(Hall of the Axes)」の近くには、小さなホールがあり、同様に配置され、豊かに装飾されています(図2)。エバンスはそれが女王に属していたに違いないと思いました。イルカやダンスする女性が書いていたフレスコ画の断片が見つかりました。部屋は大きく復元され、井戸の絵画は壁に貼られています(図3)。部屋の終わりに、1列の低い隔壁が小空間を作り出しました。それは粘土の “風呂”の部分がそこに見つかったので、 “女王の浴室”だと考えられました。
 「女王のメガロン」に、廊下が準備と洗濯の場として解釈された部屋として加わります。

The “Hall of the Double Axes” and the “Queen’s Megaron”
Archaeological information concerning political organization during the Minoan period is very limited. Nevertheless, the mythological tradition concerning King Minos and Evans’s notions concerning the institution of kingship have influenced interpretations or the Palace and its spaces. The “Royal Apartments” have been located in this region.
THE “HALL OF THE DOUBLE AXES”
The “Hall of the Double Axes” (Fig.1) was so named by Evans due to the double-axe signs engraved on the walls of the light-well at its rear. He also thought that it was the place or residence of the king of Knossos.
The central area has openings on three sides and is therefore called a”polythyron” (system with multiple doorways). lt has a slab floor and its walls were embellished with gypsum slabs ard frescoes, The area between the “polythyron” and the lightwell was used as a reception hall. Traces of a wooden construction were found here. Evans reconstructed a wooden throne at this spot.
According to the archaeological finds the arrangement of the apartments on the upper foor was comparable with those on the ground floor.
The “QUEEN’S MEGARON”
Near the “Hall of the Double Axes” is a smaller hall, comparably arranged and richly decorated (Fig.2). Evans thought that it must have belonged to the Queen. Fragments of frescoes with dolphins and dancing ladies were found. The room is largely restored and copies of the well Paintings have been put up on the walls (Fig.3). At the end of the room,a low partition wall with one column created a small space. It was thought that it was the “queen’s Bathroom” since pieces of a clay “bath” were found there.
A corridor joins the “Queen’s Megaron” with rooms that have been interpreted as places of preparation and washing.

「教室」、「宝石工房」

教室

ここには、いわゆる「教室」があります。 エバンスによると、書記官は粘土板を書くように教えられました。エバンスはベンチの隣にあるしっくいから粘土をつくったと考えました(図1)。しかし、陶磁器や壁画の工房の可能性の方が高いと考えています。
「教室」の後ろには「宝石工房」があり、そこには未加工や半加工のラペス・ラセデモニウス(スパルタン玄武岩)や石の道具がありました。エヴァンスによると、主な工房は上階にあり、花瓶と大きな石のつぼが1階に落ちたといいます。

“SCHOOL ROOM”, “LAPIDARY’S WORKSHOP
Here is the so-called “School Room”, an area where, according to Evans, scribes were taught to write on clay tablets. He supposes that they kneaded the clay in the built mortar next to bench (fig.1). It is more likely, however, that was a workshop for ceramic or wall-painting,
Behind the “School Room” is the “Lapidary’s Workshop”, where blocks of unworked or semi-worked lapis lacedaemoniae (spartan basalt) and stone tools were brought to light.
According to Evans, the main workshop lay on the upper floor from which vases and a large stone amphora had fallen to ground floor.

「巨大瓶の倉庫」と「東の要塞」
 あなたの前に見える巨大なピトイ(貯蔵瓶)は、エバンスがつけた名前「巨大瓶の倉庫」(図1)という場所にありました。この倉庫は、宮殿の古い部分の1つです。 ピトイは、大きさ、取っ手の数、ロープや円板を使ったレリーフ装飾の豊かさで区別されます。
 右側には、エバンスによって再建した階段があり、下に行くと宮殿の東の入り口になります。 入り口は強固な構造で「要塞」の印象を与えます(図2)。この点から、いわゆる「王家の大邸宅」という宮殿時代の重要な建物に簡単に到達できます。主要な考古学的サイトの外にありました。

The “Magazines of the giant pithoi” AND THE “EAST BASTION”
  The great pithoi (storage jars) you see before you, were found in a place named by Evans, the “Magazines of the Giant Pithoi” (Fig.1), These magazines are one of the older parts of the Palace. The pithoi are set apart by their size, number of handles and the richness of their relief decoration with ropes and discs.
  On the right you see a staircase which has been reconstructed by Evans and descends to the east entrance of the Palace. The entrance is a robust construction that gives the impression of a “bastion” (Fig.2). From this point it would have been easy to reach an important building of the palatial period, the so-called “Royal Villa” which lies outside the main archaeological site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください