石版東京圖繪|永井龍男

文学と神楽坂

永井 龍男永井龍男氏の『石版東京圖繪』のある章「バラック」です。関東大震災で下町はやられましたが、神楽坂はほとんど無傷でした。

氏は小説家で鎌倉文学館の館長でした。生年は明治37(1904)年5月20日。没年は平成2(1990)年10月12日。大正7年、一ツ橋高小卒。大正9年、文芸誌「サンエス」に「活版屋の話」が当選。昭和2年、文芸春秋社入社。14年「文芸春秋」編集長、20年退社。戦後は創作が中心で、昭和24年、「朝霧」で横光利一賞受賞。格調高い文章で知られる短編の名手といわれました。

 関東大震災の被害は、東京の下町にはなはだしく、そのほとんどの地域を(かい)(じん)と化した。下町気質(かたぎ)とか、下町風と呼ばれた風俗も、この時以来東京から消滅した。(略)
「仕事をするにも、この焼けっ原じゃあ」
「だから、おれ達の天下がくる。細かい話は、今夜ゆっくりだ。おれのいま居るところは、牛込の軍隊仲間の家だ。なあに、見渡す限り焼けっ原のようだが、神楽坂を上ってみろ。昔のまんま東京が残ってる。なんなら池の端あたりまで歩いてみるか」(略)
「いいか、下町はみんな焼けちまって、牛込麻布と、山の手は大した景気だ」(略)
 卯之吉が云った通り、飯田橋を一つ渡って神楽坂にかかると、昔のままの東京があった。
 商店は軒並み落着いて商売をしていたし、浴衣(ゆかた)で町を歩いている女達も、どこということはないが、「ああ、東京へかえってきた」と思わせる、(あか)抜けした風俗であった。(略)
「神楽坂の待合なんぞも、表向きは遠慮しているが、裏にまわると、結構陽気に商売をはじめている。立ちおくれは禁物だ」(略)
 神楽坂には、日本橋で焼けた三越松屋、銀座の村松資生堂、さてはカフエー・プランタンなどが、出店を開くような繁昌振りで、東京一の盛り場にのし上った。
 夜店が両側に軒を連ね、人の出盛りには肩をぶつけんばかりの賑やかさで、その中を座敷着(おんな)が、横丁から横丁へ人をかきわけながら抜けて通る。
 毘沙(びしや)門さまあたりが中心になるが、その石の鳥居の手前を入って真直(まつす)ぐ、待合や小料理屋の前を過ぎると、急に闇が濃くなる。
池の端 「池之端」は東京都台東区の地名で、「池の端」は一般に池がある端。池は壕や堀の同義語ではありません。おそらく「池之端」を指すのでしょう。
牛込麻布 写し間違いはありません。麻布は港区です。下町は壊滅的な被害を受けましたが、山の手と麻布十番周辺は被害も少なかったようです。ここは「牛込・麻布」になるのでしょう。
手前 毘沙門横丁でしょう。

灰燼:灰や燃え殻。建物などが燃えて跡形もないこと
下町気質:人情深くて、祭りと喧嘩好き。何かと世話を焼きたがる。兄貴肌か姉御肌。
垢抜け:容姿、性格などが洗練され、素人っぽさや野暮臭さがなくなる
立ちおくれ:着手する時機を失うこと
座敷着:芸者や芸人などが客の座敷に出るときに着る着物
妓:酒席で、音曲・歌舞などをもって客をもてなす女。芸妓。芸者
待合:客と芸妓の遊興などのための席を貸して酒食を供する店

文学と神楽坂

スポンサーリンク

石版東京圖繪|永井龍男」への3件のフィードバック

    1. yamamogura 投稿作成者

      たしかに池の端は池之端なのでしょう。池之端から神楽坂までは歩いて一時間強かかります。しかも地獄から天国まで見えるわけで。ちょっと大変だなと思ったので。なお、(略)を少し正確に書くと、
      『「なあに、見渡す限り焼けっ原のようだが、神楽坂を上ってみろ。昔のまんま東京が残ってる。なんなら、池の端あたりまで歩いてみるか。……こいつを遣(つか)ってくれ」
       卯之吉は、わしづかみのまま、札を渡した。どんな風態でも、恥かしくない東京だが、卯之吉には由太郎の財布の中まで見通せた。
      「麻布の松本町というと……」
       由太郎が、両親の同居先だという。妹のおよねの住所を呟くと、
      「それだがなあ由、お前当分、親父には逢うな。おれにまかせとけ」
       と、卯之吉は先手を打った。』
      と、話は別の方向に向かってしまいます。

      返信
  1. まさお

    たしかに私も歩くには遠いと思いましたが、震災で市電もまともに動いてかった(復旧に9ヶ月半かかったそうです)でしょうから、歩くのが当然だったんかもしれませね。

    返信

コメントを残す