文豪の素顔|森鴎外(2)

文学と神楽坂

 その間にあつて、杢太郎ばかりは、いはゆる朱に染まない、純真
な学徒であり、芸術家であつた。僕のやうな三下奴が心ひそかに敬
慕もし、頼りにするのは当然の話であつた。
 杢太郎の家へいくと、彼はもうきちんと大学の制服にきかへてゐ
て、にやにやしながら「今君の親父の家へ電話かけたら、秀さんは
昨夜つから帰らんといふぢやないか。吉井と一しよなら、どうせ悪
所だな。あのディオ二ソスにも困つたもんだよ。はゝゝゝ。」と真
四角な口をあけて、歯並のそろつた歯を出して大きく笑ふ。意志的
な、英知の表情である。
 僕がソラやゴンクールが消えた話をすると「そいつは愉快だなア、
彼らにはソラやゴンクールは、およそ猫に小判だからね。仕様がな
いな。幹さん、そば杖で大損害だつたね。しかし秀さんも勇も、何
んにも読まずに、徒らにヴィナスバッカスばかり追つかけてるの
はつまらんな、今にアルチザン以上のものにはなれんぞ。」と、い
つになく、生真面目な顔になる。一たい杢さんの顔の皮膚は血行が
不安定で、笑ふとみずみずしい赤色を呈してくるが、渋面つくると、
毛細管が皺にそうて収縮するかして、黄色い太い線を残すのが特徴
であつた。
 僕は今更ら秀雄や勇の愚痴をいふのも馬鹿くさいので、鷗外先生
の方へ話をもつていくと、杢さんは例のくせの鼻をクンクン鳴らし
て、
悪所 悪いところ。花街でしょう。
ディオ二ソス Dionysos。ギリシャ神話で、酒の神。バッカス。
猫に小判 貴重なものを与えても、本人にはその値うちがわからないことのたとえ
そば杖 喧嘩のそば(づえ)。他人の喧嘩のとばっちりをうけること。
ヴィナス ビーナス。Venus。ローマ神話の愛と美の女神。
バッカス Bacchus。ローマ神話のワインの神。ディオ二ソスの異名バッコスがラテン語化してバックス、英語化してバッカス。
アルチザン artisan。技術的には熟練し精妙な腕を発揮しながらも,芸術的感動に乏しい作品を作る人々を批判的にいう言葉。
「いや、千駄木町のメートルはね、陸軍省から、真直に精養軒へい
くといつてたよ。だから、もし幹さんがいくんなら、精養軒へずつ
と一しよにいかうか。」と、すつかり当てがはずれたことになつて
しまふ。
 僕は杢さんと一しよに歩くだけでもむろん楽しいので、二人肩を
並べて、戸外へ出た。杢さんはとてもよく歩く人で、白山の停車場
へきても、電車に乗らうとはいはない。追分の方へどんどん歩いて
いく。どうやら向岡へ出て、上野までぽくぽく歩いていくつもりら
しい。
 僕も何んにもいはずに、歩いていつた。
 杢さんはしきりに鼻をクンクンやる。さういふ時には、至極御機
嫌なのである。
「ねえ、幹さん、君一昨日蒲原さんのところをベズーフしたさうだ
ね、君はよくいくんだね。」
「え、僕、とつても、有明先生が好きになつちやつたんですよ。あ
のビンズル尊者はお顔をみてるだけでも、深遠で、神聖で、頭がさ
がりますね。」
「僕らはもつと、有明を勉強しなくちやいかんな。上田敏や白秋の
けんらんもいいが、技巧ばかりで内容は稀薄だね。」
「さういふ感じがしますね。」
メートル フランス語maîtreから。先生。親方。長。この場合は森鴎外です。
白山、追分
向岡
白山は現在の「白山上」、追分町は「本郷追分」、向岡は当時の「向ケ丘弥生町」で、これは現在の「弥生町」の方が現在の「向丘」よりもいいと思います。ここを通って精養軒に行くわけです。
精養軒

最新大東京案内図 昭和17年(1942年)から

蒲原 Kambara_Ariake蒲原(かんばら)有明(ありあけ)。詩人。東京生れ。生年は1875年(明治8年)3月15日。没年は1952年(昭和27年)2月3日。複雑な語彙やリズムを駆使した象徴派詩人で、薄田泣菫と併称し、北原白秋、三木露風たちに影響を与えました。
ベズーフ ドイツ語でBesuch(ベズーフ)は「訪問」「訪問する」
有明 上を参照
ビンズル 賓頭盧(ビンズル)。釈迦の弟子。十六羅漢の第一
「何か面白い話あつたの。」
「例によつて、アーサー・シモンズでもちきりで、とても僕、興奮
しちやつた。一たい先輩つてものは、やけにわれわれに布教したが
るもんですけど、有明先生ばかりは御自分の傾向にあふやうなこと
ばかりひとりでしづかにアーサイドしてゐて、ちつとも教化しませ
んね。いやならそッぽむいてろつて調子で、妙に相手を突き放して
ゐる態度が僕、立派だと思ふんです。青年にちつとも媚びませんか
らね。」
「君は散文的なみかたをするから、リアルをみるんだね。」
「今度の『河岸蔵』の詩なんか、まるで印象派の画だな。魂に黒点
を印しますよ。僕はね正直のところ、北原君や吉井君のあの朗々
すべき声調つていふかな、ああいふのは才気だけの問題であつて、
もうぢき飽きられやしないかと思ふんですがね。」
「いや、さうでもないよ。あれはあえかな青春といふものにつなが
つてるからね。人間が不朽のリリシズムを謳歌する以上、やはりあ
の浪曼主義は、亡びないね。はゝゝゝ。但しちと甘いがね。」と、
杢さんはいたずららしくちよいと舌の先を出す。
 池の端へ出ると、東照宮五重塔がぼやッと夕靄にとけて、縮緬
皺の無数によつた不忍池には、立ちおくれた真鴨が暖かさうに浮ん
でゐる。ぬくたい夕風がほこりッぽく顔を撫でてくる。
アーサー・シモンズ  Arthur William Symons。英国のデカダン詩人。生年は1865年2月28日。没年は1945年1月22日。「デカダン詩人」は長田幹雄氏自身の『青春時代』解説による評価で、「デカダン」は退廃的なという意味です。
アーサイド あまりいい英語やフランス語はありません。arsideはあればいいのですが、ありません。asideは英語もフランス語もわきへ、かたわらに、離れて
リアル real 。真実の
河岸蔵 かしぐら。河岸に建っている倉庫
ぎん。声を出して詩や歌を歌うか作ること
黒点 太陽の光球面に出現する黒い斑点
北原 北原白秋。詳しくはここに
あえか か弱く、頼りない。きゃしゃで弱々しい
リリシズム lyricism。叙情詩的な趣や味わい
浪曼主義 Romanticism。ロマン主義。主として18世紀末から19世紀前半にヨーロッパや諸地域で起こった運動。感受性や主観に重きをおいた運動。恋愛を賛美し、民族意識を高揚し、中世への憧憬があります。その反動として写実主義・自然主義などを出てきました。
東照宮 上野東照宮(とうしょうぐう)。東京都台東区上野恩賜公園内にある神社。旧正式名称も東照宮。他の東照宮との区別のために上野東照宮と名前を付けています。
五重塔 元々は上野東照宮の五重塔でしたが明治の神仏分離によって寛永寺の帰属となり、戦後は東京都が管理。現在、上野動物園の中にあります。
夕靄 ゆうもや。夕方に立ちこめるもや
縮緬皺 ちりめんじわ。縮緬のように一面に細かく寄ったしわ。
不忍池 上野公園南西部にある池。台地の谷間に入り込んだかつての海が潟湖として残りました
ぬくたい (ぬく)い。ぬくとい。あたたかい。
「どつだい、池の水が白く光つてゐるところへ蓮の枯れた幹がによ
きによき突つたつてゐる効果はちょいとオツじやないか。日本の風
景にだつてなかなかいいニュアンスがあるんだよ。なにも、パリま
で出かけなくたつていいさ。」と、自嘲の調子でいつたかと思ふと、
藪から捧に、「ああ、こんな風が吹くと長崎へいきたくなるな。あ
の支那寺ドラが聞きたくなるよ。はゝゝゝゝ。」
と、板ッ片をぶッつけるやうに笑ひだして、急に大股にとつとと歩
きだす。これは杢さんの一流のくせであり、発想法であつた。












藪から捧 藪から棒。やぶからぼう。予期せぬことが唐突に起こること。また、出し抜けに物事を行うことのたとえ。
支那寺 支那寺長崎市鍛冶屋(かじや)町にある黄檗(おうばく)崇福寺(そうふくじ)のこと。聖寿(しょうじゅ)山と号し、俗に福州寺(ふくしゅうでら)あるいは支那寺(しなでら)とよばれます
ドラ 銅鑼。中国の楽器。dora_zildjian
板ッ片 「いたっぺん」と読むのでしょうか。板の切れ端。

文豪の素顔|森鴎外

文学と神楽坂

スポンサーリンク

コメントを残す