女坂|円地文子

文学と神楽坂

円地文子

昭和32年1月、円地文子氏は「女坂」を「別冊小説新潮」に発表しました。さらに、昭和24年から1連の物語を「女坂」の章に加えて「角川小説新書」の1つとして発表します。ここでも神楽坂は「お神楽芸者などと安く扱われる山ノ手の二、三流地」、つまり依然ぱっとしない場所でした。

氏は小説家、劇作家。生年は明治38年(1905年)10月2日。没年は昭和61年(1986年)11月14日。国語学者上田万年かずとしの二女。戯曲から小説に転じ、女の業や怨念を官能美の中に描写。源氏物語の現代語訳にも尽力。「ひもじい月日」「女坂」など。

 神楽坂の坂上で、友禅の長い雛妓追羽根を突いている。それを
傍に立って見ている(ねえ)さん芸者はまだ昼間だというのに変り色の御座敷
着(つま)をとって鹿の子絞り長襦袢をこれ見よがしにのぞかせてい
た。ここらの芸者にしては、着物も帯も品がよく、殊に手に下げている
吉右衛門の「石切梶原」の大羽子板は、薬研堀(やげんぼり)の市でも二十円よりは値
切れまいと思う上物である。三、四年続いたヨーロッパの大戦争のお蔭
で、軍需品や船会社の株は驚くばかり騰貴(とうき)した。有名な船成金が大阪の
芸者の()裾模様にダイヤの大粒をちりばめた噂さえあって花柳界は戦
争景気でどこも繁盛(はんじよう)している。お神楽芸者などと安く扱われる山ノ手の
二、三流地でもこの程度の(こしら)をするのだから一流どころでは猶更だろ
う。倫は恰好よく(びん)の張った芸者の横顔を眺めて歩き過ぎながら、もう
この二十年ほど近づきなしに過した昔の新橋の芸者達の顔をあれこれ思
い浮べた。夫の行友が警視庁の高級官吏だった時代には官宅で宴会をす
ると云えば新橋の芸者が酌人に招ばれて来た。その中には何人か行友の
馴染もあって、そんな女達が待合の女将(おかみ)や女中頭と一緒に堅気な縞物に
玩具のような小綺麗な手土産を下げて、昼間機嫌ききに来ることもよく
あった。今からみれば思いきって赤い色を嫌う地味な年増づくりだった
けれどもあの芸者たちは大方二十歳をちょっと越えたぐらいの若さだっ
たであろう。
友禅 染め物の1手法。糊置(のりお)き防染法。特色は人物・花鳥などの華麗な絵模様。本来はすべて手描(てが)き。明治以降型紙を用いた型友禅ができ、量産に
たもと。和服のそでの下の袋状の所
雛妓 すうぎ。一人前でない芸妓。半玉(はんぎょく)
追羽根 おいばね。二人以上で交互に一つの羽根を羽子板で落とさないようにつく正月の遊び。
姐さん芸者 先輩を呼んでいう語
変り色 かわりいろ。普通とは違った珍しい色
座敷着 芸者や芸人などが、客の座敷に出るときに着る着物
褄長着の(すそ)の左右両端の部分。裾の左右両端が褄(褄先、つまさき)。そこから(えり)までが立褄。
http://blog.goo.ne.jp/ishiseiji/e/f83a62462cfb7355382301d0b56f5423
鹿の子絞り かのこしぼり。布を小さくつまんでくくった絞り染め。鹿の背の白いまだらに似ている
長襦袢 和服の間着(あい)ぎで、長着と同じ長さの襦袢
すそ。衣服の下の(へり)
吉右衛門 歌舞伎俳優。屋号は播磨屋。東京生まれ
石切梶原 いしきりかじわら。人形浄瑠璃の時代物「三浦(みうらの)大助(おおすけ)紅梅(こうばい)(たづな)」(長谷川千四ら作。1730年初演)三段目切の通称。梶原景時(かげとき)が石の手洗い鉢を切って名刀の切れ味を示す所。右の図は石切梶原の羽子板です。もちろん吉右衛門が登場します。
http://mimosa24.exblog.jp/19024370/
薬研堀 江戸時代、現在の東京都中央区東日本橋両国にあった堀の名。江戸中期に埋め立てられました。不動堂があり、また付近は芸者や中条流の医師が多く居住しました
大戦争 第一次世界大戦です。大正3年(1914年)から大正7年(1918年)まで行いました。
騰貴 物価や相場があがること
出どころ。出身地・出身校など
裾模様 すそもよう。着物の裾につけた模様。その模様をつけた衣服
お神楽芸者 御神楽芸者。おかぐらげいしゃ。牛込区神楽町に住む芸妓のこと
二、三流地 酔多道士戯著「東京妓情」の「巻の上」(明治16年)で花柳地24ヶ所を1等地より5等地までに分けていました。下図を見てください。1等地は両国橋の柳橋、銀座通の新橋。2等地は銀座の数寄屋橋、人形町の葭町(よしちょう)。3等地は鳥森、日本橋、芳原、芝神明、講武所、湯島天神。4等地は深川仲町、日本橋本石町、神楽坂。5等地は新富町、猿若町、向島、浅草広小路、糀町、本所松井町、蒟弱島、西ノ久保、三田、赤坂、根津でした。昔は4等地だったんですね。「全国花街めぐ里」(昭和4年)では二等地になっていますが、赤坂は一等地になっています。
東京妓情
拵え 準備。用意。支度(したく)
ビン。耳ぎわの髪。頭髪の左右側面の部分
酌人 しゃくにん。宴席で酒の酌をする人
馴染 同じ遊女のもとに通いなれること。その人。客にも遊女にもいう
縞物 縞織物(しまおりもの)に同じ。縞模様を織り出した織物
機嫌きき 安否やようすを聞く
年増づくり 年増は娘盛りを過ぎた女性。年増づくりはそのよそおい、身なり、化粧

文学と神楽坂

スポンサーリンク

コメントを残す