オーストラリア・パース(2019.11.19)クォッカに

2019年
11/18(月)
 飛行機はANA。18日11:20発。20:30着。
 ホテルはEuropean Hotel by Miss Maud(日本語ではミス モード スウェディッシュ ホテル、Miss Maud Swedish Hotel)で、11/18から23まで。

11/19(火)
 5時、起床。毎日、この日は6時45分だが、無料の「スモーガスボード」朝食を食べる。肉はソーセージとハム、卵ぐらい。その代わりに果物はキウイやホワイトドラゴンフルーツなどで、種類も量も多い。

 7時55分、「ロットネスト島ツアー HIS」(1.5時間の英語バスツアー付プラン、ランチなし)に参加。

【ツアー名】世界一幸福な動物 クォッカ(Quokka)に会いに行こう! H.I.S.
 インド洋の宝石 ロットネスト島(Rottnest Island)ツアー【英語/日本語】
 08:20 Pier StとHay Stの角で集合時間の5-10分程前にお待ち下さい。
Pier&Hay

Pier&Hay

 この場所はホテルの受付係に聞いてわかった。

 08:30 バラックストリートジェッティ(Barrack Street Jetty)からフェリーで出航。正しくはエリザベス埠頭桟橋(Elizabeth Quay Jetty)。quayとは波止場、埠頭ふとう。Jettyとは桟橋。CAT(バス)の青(Barrack Square)で降りてもいい。

Elizabeth Quay Jetty

Elizabeth Quay Jetty (Google)

 下図はCATの路線図。

Central Area Transit

Central Area Transit。CATの地図はホテルで貰ったもので、最も正確。

 10:30 ロットネスト島(Rottnest Island)に到着。主要桟橋(Main jetty)からHendserson Avenueまで歩いていくと、身障者の私では15分後に、右にバスが何台か見える。11:20、約1時間半の英語ツアーで、バスで出発。

Rottnest3

Rottnest island

 島は純白で、大きな山頂も純白。砂そのものが白い。

Rottnest。Cape Vlamingh

Rottnest。Cape Vlamingh。島の最西端にあたる

 13:10 昼食はFrankie’s on Rotto()で、妻はサラダ、私はパスタで。ここでクォッカが沢山いた。1匹か2匹が、普通の動物に比べて半分のスピードで、ゆっくりゆっくり、歩いてくる。このクォッカの動画は少し速すぎる。

 あまりもクォッカはいるので、びっくり。Simmo’s ice-cream()を食べ、妻は雑貨店(General store )に。さらに博物館()も見て、展示はものすごく小さいが、この島は石灰(limestone)の砂からできていたとわかる。

 ❸❹❺❻❼との間にはパラソル付きの椅子が沢山あった。

simmos-ice-cream

http://waytoomuchcoffee.com/icecream/simmos-ice-cream/

 17:00、ロットネスト島を出港し、パース市に向かう。18:30、バラックストリートジェッティに到着。そのジェッティからホテルまで帰る方法がわからない。妻がバスの運転手さんに聞き、「帰る方法もRottnest Expressを使うことができる」という。Rottnest Expressはこの事業を行う会社だ。結局、Rottnest Expressのバスで帰った。H.I.S.では帰る方法は不明のままなので、これはひどいと思う。

 19:00、ホテルから正面の中近東風バーガーを食べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください