オーストラリア・パース(2019.11.21)ピナクルズ

Pinnaclesの名刺

Pinnaclesの名刺

 11:00、漁村セルバンテス(Cervantes)に向けてセスナに載って出発。セルバンテスはピナクルズ(Pinnacles)の玄関口である。ここでピナクル(Pinnacle)を日本語訳すると、(屋上や塔上の)小尖塔せんとう、とがった峰、頂点、高所、絶頂などの言葉らしい。
 機内でランチを取る。
 12:30、着陸後、ピナクルズツアーの⾞に乗り換える。運転手として⾞内に男女2人が乗っていた。まだ若く見える中年女性がオーナーで、老年期にはいった男性は女性のメンター(mentor、指導者)だという。以下は入場券とパンフ。

Pinnacles

Pinnacles

 この地図で、右手の茶色の実線は歩行者専用、白線は自動車と4WD専用の道路になっている。

Parks of Perth

Parks of Perth

pinnacles Perth

pinnacles

 上の文章の訳は……

 変化する砂でも明らかだが、数千個の石灰のピナクルズは遠い過去を記念し、そのムードは天上の風景のように日の経過とともに変化する。
 真昼の灼熱で暑く荒涼とした風景から、やがては夕日が垂直になったピナクルズ岩を潜り抜ける。波打つ砂は長い影になり、暖かく興味をそそる風景になる。ピナクルズ砂漠は見る風景だけではなくあらゆるムードで経験する。
 自然の力で彫刻し、個々のピナクルズは独特で、過酷な環境を表している。
 何千年前に石灰の砂は、海洋生物が豊富な海岸や海底に堆積し、砂は内陸に吹き飛ばされ、小高く、可動性の砂丘を形成する。その砂丘は今日のターコイズ海岸沿いに見られる砂丘に似ている。冬になると、この砂丘の表面に腐敗した枯れた植物は、豊富な腐植層を通して浸透し、雨の水は酸性になる。
 その後、この弱酸性の水は溶け、砂からのカルシウムが浸出し、砂土がより深くまで浸透し、丈夫な珪砂粒子だけを残す。土壌が深い所で、夏に水位が下がると、炭酸カルシウムが堆積し、珪砂粒子が結合して石灰岩をつくる。次の冬、カルシウムを含んだ水が補充され、このプロセスは季節から季節へと続き、石灰石堆積物の表面にカルクリート(れきが炭酸カルシウムで膠結した堆積物。礫とは岩石が壊れてできた破片や粒子で、直径2mm以上のもの)の硬質層を形成する。
 これからは、ピナクルズの謎である。ピナクルズは土の下に隠され、数千年ではないが数百年にわたって形成する。なぜ石灰岩から柱状のピナクルズになるのか、地質学者の意見は一致しない。一説には、植物の根が土壌の付着性が増えた地域に、ピナクルズ間の石灰岩が急速に浸出したとする。 他の説では、埋もれた木の根と幹の周りにピナクルズが形成したという。 しかし、両方の理論で同じで、ピナクルズは、土壌を浸透する酸性水のさまざまな影響で地下に形成し、炭酸カルシウムを興味深い多様な形に、最初には浸出し、次には蓄積する。
 珪酸化砂を安定化する植生が、恐らく山火事で、除去されると、砂も吹き飛ばされ、ピナクルズを大気にさらす。ピナクルズは、風、雨、猛烈な太陽によって、さらに今日見られるように彫刻する。
 ユエド族は、この独特の風景について、神話に基づく説明をする。土地と結びついて昔の物語を伝えるものだ。
 ピナクルズの体験は完全に個人的で独特である。ある人にとっては興味深い岩の山であり、他の人にとってはスパイラルな、芸術的なものだ。つまり、見逃せないターコイズ海岸の経験なのだ。
Revealed by shifting sands, thousands of limestone pinnacles stand as monuments to a distant past,exposing an ethereal landscape with a mood that changes with the passage of day.A hot desolate landscape in the midday heat becomes warm and intriguing as the light from the setting sun sneaks through the vertical pillars of rock creating long contrasting shadows that play over the rippled sand.The Pinnacles Desert is a landscape that should not be viewed but experienced in all her moods.

Sculptured by the forces of nature,each pinnacle is unique,revealing the harsh environment from which it was created.

Many thousands of years ago lime sands accumulated on the shore and bed of an ocean,rich in marine life. These sands were blown inland forming high mobile dunes similar to those seen today along the Turquoise Coast. Water from winter rains percolated through a humus layer rich in decaying plant. material on the surface of these dunes, becoming acidic.

This mildly acidic water then dissolved and leached the calcium from the sand as it percolated deeper into the sandy soil leaving only the tough silica sand particles behind. Deep in the soil profile as around water levels fell in summer, calcium carbonate was deposited, cementing the silicate sand particles together to form limestone.Replenished by calcium-laden water the following winter,the process continued season after season, forming a hard layer of calcrete on the surface of the limestone deposit.

lt is here that part of the mystery of the pinnacles begins.They were hidden beneath the soil and formed over hundreds, if not thousands of years, and geologists are still divided as to how the limestone formed into columns creating the pinnacles. Some believe that the limestone between the pinnacles was leached away more rapidly in areas where plant roots increased the acidity of the soil; others believe that the pinnacles formed around the roots and trunks of buried trees. In both theories however, the pinnacles were formed beneath ground from the varied influence of acidic water as it percolated through the soil profile, first leaching then accreting calcium carbonate into interesting and diverse forms.

As the vegetation stabilizing the silicate sand was removed, probably by fire, the sand was blown away, exposing the pinnacles to the elements of the atmosphere. The pinnacles were sculptured further by wind, rain and the blistering sun into what we see today.

The Yued people have a more mythical explanation for this unique landscape that connects them to the land and carries the stories of their past.

The pinnacles experience is entirely personal and distinct.To some they are a pile of interesting rocks while others see them in a more spiritual or artistic light. Regardless, this is an experience of the Turquoise Coast that cannot be missed.

 

 


 これは他の人の投稿ビデオだが、ただただ大きく、ただただ巨大だった。一度でもこのビデオを見てほしい。

 14:00、ピナクルズからセスナでパースに。旅行社Veltraのハンプによれば「上空からしか見られない、デッドピナクルズを通過します」という。Dead pinnaclesってなあに? 「Fly over the Pinnacles & Dead Pinnacles (seen only from the air) to Perth」と英語でも同じように書いている。他に「a second collection of isolated structures, nestled amongst bush」(低木の中にある第2の孤立構造物)。写真はこれ? それとも写真はただのピナクルズ?

dead pinnacles?

Dead Pinnacles or Pinnacles?

 15:15、ジャンダコット空港に到着。16:05、ホテルに到着。

 夕食はホテル直営のレストランで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください