鐘楼」タグアーカイブ

オーシャニアクルーズ。第8日。ドゥブロブニクー身障者の外国旅行

クロアチアのドゥブロブニク

クロアチア・ドゥブロブニク

 2018年10月30日(水)、目的地はクロアチア・ドゥブロブニク(Dubrovnik)である。

 400、目を覚まし、1週間に1回のボナロン経口ゼリー(骨粗しょう症の薬)を飲む。それから30分間、座る。430、ベッドに戻る。

 600、起床。船内新聞『Currrents』ではドゥブロブニクについてと、無料のシャトルバスについて
 700、船はコトルを出航。‎11階のラウンジでコーヒー、オレンジジュース、ヨーグルト、イングリッシュマフィンを食べる。

 715、妻は11階前方のランドリーに。

 800、テラスカフェで朝食。私も自分でバイキングを取っていたら、船員が介助に入った。

 1100、着港。1115、下船。シャトルバスで約15分で旧市街に。シャトルバスがない場合、とてもいけない。

船と旧市街

リベリア船と旧市街.相当離れている。

ドゥブロブニク地図の案内

ドゥブロブニク地図の案内

ドゥブロヴニクの地図

ドゥブロヴニクの地図

市外からミンチェタ塔 市外からミンチェタ塔


 シャトルバスから降りてすぐの塔はミンチェタ塔(上図)。一番高い砦で、1464年に完成。日本は室町時代にあたる。

 同じ場所で東の方を見るとピレ門が見える。1537年に建築。

ピレ門

ピレ門

 昔は跳ね橋になっていた。それがわかる仕掛けになっていた。

跳ね橋だった

ピレ門は跳ね橋だった

 さらに奥に進むと、聖ヴラホの石像の下で、また門になる。

聖ヴラホの石像

聖ヴラホの石像

内側の門

内側の門

 2つ目の門を渡ると、すぐにオノフリオの大噴水が出てくる。頭像16個の口から水が流れ落ちている。

オノフリオ大噴水

オノフリオ大噴水

 プラツァ大通り。10月末日なのに沢山の人が出ている。ヘーゼルナッツのソフトを食べる。

プラツァ大通り

プラツァ大通り

 プラツァ大通りでさらに東に行く。

プラツァ大通り

プラツァ大通り

 鐘楼がはっきり見えるようになった。中央右寄りの屋根に、たぶん聖人の像が見える。聖ヴラホ教会で、バロック様式。聖ヴラホは町の守護聖人。

鐘楼

左は鐘楼。その右側の像がある建物は聖ヴラホ教会。

 右に入り、振り返ると、スポンザ館が見える。16世紀に造営。現在は古文書館に。

スポンザ館

スポンザ館

 さらに奥に行くと、元首官邸。これは15世紀のゴシック・ルネサンス様式。

元首官邸

元首官邸

 1130、グンドゥリチ広場(青空広場)で昼食。チキンサラダとリゾット。お土産を買う。
 グンドゥリチ広場には詩人I.グンドゥリチの青銅像が建っていた。

詩人I.グンドゥリチの青銅像

詩人I.グンドゥリチの青銅像

 城壁に行く。最初は東入口はどこなのか、わからない。妻が右往左往して、聞いても知らないという人ばかり。それでも、ようやくわかった。入るのに100クーナが必要だが、EUの紙幣はだめで、妻はカードで払う。2人で200クーナ。家で換算すると3514円だった。高い。

東入口は真ん中の高い場所

城壁の東入口は右側にアーチ状の空間がある。そこをくぐる。これよりも小さい場所だった。

 なんとか上に行き、上半分を歩いた。

城壁から1城壁から2城壁から2

城壁から4

城壁から

 一度、下に行くところで転んだが、直ちに外国の男性が助けてくれた。

 1500、シャトルバスで帰る。

 1600、アフタヌーンティー。1630、終了し、帰ってみると、カナッペが部屋にあった。チーズクラフティケーキとプチパン

 1750、洗濯。640、終了。

 1855、ルームサービスでオーダーしたいが、メニューはどこにあるのか、わからない。バトラーに聞くと、電話のそばにあるという。電話の側の戸棚の中に分厚い本があった。聖書と同じぐらいのサイズ。2人で頼んだものは、カリフォルニアロールと牛肉のプチフィレ。

 2130、今日は5階のステージで「Light, Camera, Music」のショーを見に行く。

 2215、ショーが終わると、リベエラのクルーが挨拶。その後、船長の挨拶がある。観客は大喜び。終わっても、クルーは帰らず、全員で通路脇で1列に並び、拍手で乗客を見送った。なんかなー。でも感動はしました。

オーシャニアクルーズ。第9日。ベニスー身障者の外国旅行

 2018年10月31日、12時にイタリア・ベニスに到着予定。

 550、起床。船内新聞『Currents』はベニスと無料シャトルバスについて。

 600、11階のラウンジでヨーグルト、ジュースなどをもらってくる。700、妻はアイロンをかけるため、11階前方のランドリーに。

 来年のオーシャニアクルーズの本が部屋にはいくつもある。また本の中に「2 for 1 Cruise Fares」という文言も沢山ある。船の運賃1人分でなんと2人が乗れる! 嘘でしょ。11階のコンシェルジュに聞くと、6階のアンバサダーに聞いてほしいといわれ、700、聞きに行くと、これはアメリカ人用のコマーシャルで、アメリカに住んでいる人だけが対象だという。
 たとえば、クルーズの「Inspiring Italy」で、2019年8月6日~9月2日の10日間、船に乗る場合を考えてみたい。例えばペントハウス1とOLIFE CHOICEの乗船券を買う場合、アメリカでは「2 for 1」があるので、2人で$7699である。日本人では1人で$6699、2人で$13398になる。1ドル113円と考えるとアメリカでは2人で約87万円、日本人では2人で約150万円になる。さらにアメリカ人では往復の旅費も含めるので、この値段になる。破格だが、会社は何でもできる。
 なぜアメリカ人が多いか、ようやく、わかった。なぜ普通のアメリカ人ばかりがこの船に多いのか、これも納得。オーシャニアクルーズは日本人では破格でも、アメリカ人にはお手頃の価格なのだ。

アメリカ人用のパンフ。

アメリカ人用パンフ

日本用のパンフ

日本用のパンフ


 830、朝食でグランドダイニングに行く。サーモンやラムチョップを取った。この時、アメリカ人の男性が私たちの所にやってきて、「あなたの頑張りには感動した」という。どうもケファロニア島で地底湖のことをいっている。う~ん、困る。

 1030、ベランダからベニスの入港を見る。




















ベニスのクルーズ。シャトルバス。券を買う。水上バス。ピープルムーバ―の場所

シャトルバスが停止する場所、水上バス、係員がいる切符売り場、ピープルムーバ―の場所は遠い。

 1215、着岸。シャトルバスがでている。シャトルバスはすぐに終点になったが、次の水上バスは時間がかかった。自動券売機なんてものはなく、窓口に並んで係員から切符を買うのだが、一人一人が質問するのだろうか、20分以上もかかった。

http://livingveniceblog.com/venice-instructions/coming-going/venice-by-cruise-ship/

http://livingveniceblog.com/venice-instructions/coming-going/venice-by-cruise-ship/

水上バスに入る

水上バスに入る

 1330、サンマルコ広場に到着。€1.5のミントのソフトを買う。€10で絵を買う。

ドゥカーレ宮殿

有翼の獅子の像とドゥカーレ宮殿

聖テオドロス像(左)と有翼の獅子の像(右)

聖テオドロス像(左)と有翼の獅子の像(右)

サンマルコ寺院

サンマルコ寺院

右側は鐘楼。左側は時計塔

正面はサンマルコ寺院。右側は鐘楼。左側は時計塔。

 1400、Ceffè Uroraで、昼食。残念ながら、Caffè Florianではありません。Florianはもう少し左側だった。

Ceffè Urora

Ceffè Uroraで昼食。

何かのコーヒー

何かのコーヒー

ロールサンド

ロールサンド


 鐘楼に登る。2人で€14。エレベータの2方向が同時に開く。1方は乗車する人たちで、もう1方は下車する人たち。

サンマルコ広場を鐘楼から見た場合

サンマルコ広場を鐘楼から見る

 鐘楼を終え、元の高さに戻ってみると、水かさが高くなっている。この現象をアクアアルタ(acqua alta)といい、満潮のこと。多い年では1年間に60回以上もアクアアルタが発生するという。鉄製支柱と木製の厚板でつくった道もできている。この道はgangwayというらしい。

アックアアルタ

アクアアルタで囲まれたサンマルコ大聖堂

 目的地のサンマルコ大聖堂やドゥカーレ宮殿に行くのは私では大変。また、大運河へも、つまり南方へ行くのも私ではできない。そこで、来た場所から反対の北側に行く。

反対側に

反対側に

 20分ぐらいのあとで、なんと、リアルト橋にたどり着いた。水上バスで帰る。

リアルト橋

リアルト橋が見えた。

あっという間に夜

あっという間に夜になる

 1830ごろ、クルーズ船に戻る。部屋にはカナッペが届いていた。冷フルーツミネストローネと新鮮生野菜。

 1900、夕食はまた同じグランドダイニングに。ステーキなど。

 2100、今日は私たちの部屋には誰も来なかった。メイドもいない。ベッドメイキングで清掃はしていない。全部を変えるべきだと思って、そう伝えると、別のメイドがいやいやベッドをすべて換えてくれた。風呂に入るが、シャンプーブースの下で詰まっていた。風呂も清掃はしていなかった。逆に、貯めたお湯は妻から私になってから、なぜかなくなっているし、もう一度、貯めたら、またなくなった。私の番で3回、水を代えた。あ~あ。そろそろ総点減の時期に来ている。

 2018年11月1日、540、起床。8時に下船の予定。すさまじい雨が降っている。
 朝食をテラスカフェで食べた。sticky bunがあった。これはベトベトする甘いパンだが、日本には全く入ってこない。
 740、下船。750、ターミナルに。出口でコンパニオンというフィリピンの男性の大学生がタクシーまで送ってもらう。800、タクシーに乗り込んで、820、空港に着く。あとは待合室にいって、待つだけ。

ベニス。Currents。

Currents第9日 ベニスはイタリア北東部のアドリア海岸のラグーンに位置し、世界で最も美しくロマンチックで心惹かれる都市のひとつです。この真にユニークな都市にあるのは――水路、歩道、狭い通り、小さな広場が集まって迷路となり――約117か所の島、177の運河、400ほどの橋です。建物は文字どおり数百万のさおに支えられ、このさおは沼地の堆積物の中に埋められています。ラグーンを横切る4.8キロの橋がベニスと本土を結び、これはアドリア海の脅威からベニスを守る天然の防波堤です。ベニスには車やバスはなく、代わりに訪問者やベニスっ子たちは徒歩、ヴァポレット(水上バス)、個人用のモーターボート、水上タクシー、上品で伝統を守るゴンドラを利用します。
 ベニスはマルコ・ポーロや歴史的に有名なカサノバの故郷でもあります。ちなみに、カサノバはここで投獄されました。王、女王、皇帝、教皇など多くの有名な人々がベニスを訪れ、たとえば、バイロン卿、チャールズ・ディケンズ、プーシキン、マーク・トウェイン、ヘンリー・ジェイムス、アーネスト・ヘミングウェイなどは全員ベニスに滞在しました。ビバルディはコンサートマスターとしてここで働き、リチャード・ワグナーは「トリスタンとイゾルデ」を作曲した時にベニスに滞在しました。数多くの芸術家や作家は魅力的な美しさを伝えてくれます。今では観光はベニスにとって非常に重要な産業であり、続いて海運と港湾サービスです。サンマルコ広場は、ベニスの生活の中心地で、散歩したり、喫茶店の外で音楽家を聞いたり、広場のアーケードで店舗を訪ねたり、そこに集まる大量の鳩に餌をあげることもできます。
 サンマルコ広場の中央近くには、再建した鐘楼があります。元は9世紀につくられ、1902年に崩壊しました。エレベーターで登ると壮大な景色を見ることができます。時計塔は、鐘楼の反対側にあり、1499年にマウロ・コドゥッシが建築しました。ムーア人の人形2体が1時間ごとに大きな鐘を打ち鳴らします。時計塔には十二支の時計もあり、アラビア数字とローマ数字で時間を示しています。聖マルコ大聖堂は真にビザンチン建築の傑作で、建設は830年、元々はドージェの礼拝堂でした。現在の大聖堂は11世紀に建てられ、壮大なモザイク、貴重な芸術、珍しい大理石などがあります。大聖堂の隣にあるドゥカーレ宮殿は、ドージェの邸宅兼政庁であり、第一級の部屋は、壮大な議事堂で、ティントレットとヴェロネーゼが描いた絵画が入っています。嘆きの橋は、17世紀に建設されたバロック様式の石橋で、宮殿と古い刑務所を結びつけています。処刑か投獄された囚人の絶望にちなんで命名されています。大運河はベニスの主要な水路で、長さ約2マイル、約100の大理石の宮殿が並んでいで、12世紀から18世紀につくっています。
 ベニスではパスタより米のほうが人気があり、リゾットはすごく一般的です。フェガト・アッラ・ヴェネツィアーナは地元の名品です。薄い帯状に切った子牛レバーに炒めた玉ねぎとポレンタ(トウモロコシ粉の粥)を添え、これに合うのはトウモロコシやコーンミールのケーキです。魚も豊富で、パスティッチョ・ディ・ペッシェ、魚のパイを試してみてください。ベニス周辺地域では優れたワインもあります。おそらく最もよく知られている赤ワインはヴァルポリチェッラ、バルドリーノ、カベルネとメルローでしょう。
ベニスのシャトルバスサービス
 今日、ベニスでは、地元の港湾局が提供する無料のシャトルバスを使い、水上タクシーの乗降場に行くことができます。バスはターミナルから12:30 pmに始まり、最後は10:30 pm、船に戻ります。先着順で運行し、満席となる場合、予定より早く出発します。このサービスは、タクシーなどの地元の交通機関の代わりではなく、補助手段として考えるべきです。バス同士の間隔はおおよそのもので、予期しない遅延や変更については、オセアニアクルーズはその責任を負いません。バスを待つことを好まない場合、自費でタクシーを呼ぶことも可能です。この無料サービスを使用しない場合や、代替の移送手段がある場合、バスの補償はありません。注意。バスは車椅子では入ることができません。

⇦ もどる

Situated in a lagoon on Italy’s northeastern Adriatic Coast, Venice is one of the most beautiful romantic and best-loved cities in the world. This truly unique city–a maze of waterways, walkways, narrow streets and small squares– is built on approximately 117 islets, which are separated by 177 canals and spanned by some 400 bridges. The buildings are supported by literally millions of poles driven into the marshy sediment. A 3-miles (4.8-kilometer) bridge reaches across the lagoon connecting Venice to the mainland, while a narrow sandbar, the famous Lido, forms a natural breakwater that protects Venice from the force of the Adriatic Sea. There are, of course, no cars or buses in the main city and transport for visitor or Venetian alike is on foot, by vaporetto (water bus) private launch, water taxi or the traditional, graceful gondola.
Venice was the home of Marco Polo and later in history Casanova, who was imprisoned here. Many famous people have visited Venice including kings, queens, emperors and popes. Lord Byron, Charles Dickens, Puskin, Mark Twain, Henry James and Emest Hemingway, among others, all stayed in Venice. Vivaldi worked here as a concert master and Richard Wagner stayed in Venice while composing “Tristan and Isolde.” Numerous artists and writers have immortalized its charmed beauty. Today tourism is a very important industry for the city, followed by maritime and port services. Piazza San Marco (St. Mark’s Square) is the center of life in Venice, a popular meeting place where visitors can stroll, listen to the musicians outside the coffee houses, browse in the shops in the Piazza’s arcades, or feed the large numbers of pigeons that congregate there.
Near the center of St. Mark’s Square is a copy of the original 9th-century bell tower, which collapsed in 1902. An elevator will take you to the top for magnificent views. The clock tower, across from the bell tower, was built in 1499 by Mauro Coducci. Giant Moors strike the hour on the great bell. There is also a zodiac clock on the tower, showing the time in Arabic and Roman numerals. St. Mark’s Basilica is truly a masterpiece of Byzantine architecture. Built in 830,it was originally a chapel for the Doges. The present Basilica dates from the 11th century and contains some magnificent mosaics, precious art and rare marbles. Palazzo Ducale (Doge’s Palace), situated next to the Basilica, was both the residence of the Doge and the seat of government. The finest room in the palace is the grand Council Chamber, containing paintings by Tintoretto and Veronese. The Bridge of Sighs (Ponte del Sospiri) is a baroque stone bridge built in the 17th, century connecting the Doge’s Palace with the old prisons. It was named after the despair of prisoners who were led across to be executed or incarcerated. The Grand Canal is the main waterway of Venice, approximately two miles in length, it is lined with some 100 marble palaces, built between the 12th and 18th centuries.
Rice is more popular in Venice than pasta, and risotto is quite common. Fegato alla Veneziana is a local specialty; thin strips of calves’ liver grilled with onions and served with polenta with the main accompaniment being either maize or cornmeal cakes. Fish is plentiful; try Pasticcio di Pesce, a fish pie. There are several good wines produced in the region surrounding Venice; perhaps the best-known reds are Valpolicella, Bardolino, Cabernet and Merlot.

SHUTTLE BUS SERVICE IN VENICE
Today in Venice guests may use complimentary shuttle buses provided by the local port authority to reach the water taxi station. The shuttle buses will run continuously from the terminal, beginning at 12:30 pm with the last shuttle returning to the ship at 10:30 pm. Shuttle buses are operated on a first come, first served basis, and may depart earlier than scheduled if filled to full capacity. This service should not be considered as an alternative to available local transportation such as taxis but rather as a supplement. Interval between shuttles is approximate and Oceania Cruises are not liable for any unforeseen delays or changes to the shuttle schedule. Guests who prefer not to wait for a shuttle may wish to secure a taxi at their own expense. No compensation is due for non use of this complimentary service or if alternative forms of transportation are used. Please note, shuttle buses are not wheelchair accessible.