尾崎紅葉|十千万堂

文学と神楽坂

日本の小説家、尾崎紅葉(こうよう)は結婚して明治24(1891)年3月から横寺町47番地の鳥居家の母屋に住んでいました。別名、()万堂まんどうです。十千万堂は彼の号の1つです。これから没するまで13年間をこの家で過ごしました。有名な「金色夜叉」もここで書いています。門下生は泉鏡花小栗風葉徳田秋声柳川春葉などが有名で、「葉門四天王」と呼ばれていました。

行き方はまず地図で。赤い丸が十千万堂があった場所です。
十千万堂の地図
この場所は北から南に向かって入っていきます。

何もないので写真を付けておきます。左側、南側が行く方向です。

十千万堂の入口

その前に行くと、簡単な説明があります。
紅葉旧居跡
では実際に住んでいた(今も住んでいるけれど)時にはこんな場所でした。

尾崎紅葉の家

伊藤整著「日本文壇史4」講談社

横寺町の尾崎紅葉の家

写真は泉鏡花記念館の「泉名月氏旧蔵 泉鏡花遺品展」から

ここを舞台にいろいろなことが起こりました。

門人 泉鏡花・小栗風葉  談話
○泉鏡花曰 モウ田舎に帰らうと思ひましたが、それにしても、せめてお顔だけと存じましたに、お逢い下さいまして私は本望でございます。といひましたが、何だか胸がせまつてうつむいて了ひました。然うすると、まるで夢のやうです。、といつてお笑ひなすつて、具合が出来たら内においてやつてもよい兎に角に世話はしやう、(うち)に置くか、下宿屋に置くか、あした()な、それまでにきめて置くからと、おつしやツたのです。

明治36年11月「明星」
明治文壇回顧録 後藤宙外
 紅葉氏の横寺町の邸と云つても余り立派なものではなかつた。当時の氏の社会上の地位や文名の高い割合から見れば、寧ろ気の毒な程のももで、古ぼけた二階建の仮屋に過ぎなかつた。それが横寺町の通りから少し南側へひつこんだとこどに極めて簡単な門があり、その右側の4寸角程の柱に尾崎徳太郎の自筆の標札が見られ、突当りの左右が狭い板摒になつて、ほんの四坪ばかりの場所を囲み、門を入つて左側の摒際に、目通り径五六寸程の枝垂柳が一本あつたのである。…左へ直角に折れて玄関になるのである。格子戸を入ると、半坪程の土間につづく取次の間は、確か二畳であつたと思ふ。西向の極めて薄暗い陰気な室であつた。この二畳の室で、鏡花、風葉、秋聲、春葉その他、明治大正の文壇を飾つた諸君が育成されたことを思ふと、実に尊い玄関であつたのである。
 紅葉氏の書斎は二階八畳二室を通したもので、南を開いた縁側があり、上段の間ともいふべき、西寄の室の南西の隅に、縁側に対して氏は机を据ゑて居られた。

よこてらまちの尾崎邸

新宿区横寺町交友会 今昔史編集委員会「よこてらまち」

十千万堂(10000歩)

籠谷典子編著「東京10000歩ウォーキング No.13神楽坂」編集:真珠書院。発行:明治書院

野田宇太郎氏の『アルバム 東京文學散歩』(創元社、1954年)では十千万堂跡がありました。

当時のキャプション。「十千万堂(尾崎紅葉)邸跡、前方樹木の茂る向うは箪笥町その崖下に紅葉の文学塾があった」

現在は極めて寂しい場所です。

文学と神楽坂

スポンサーリンク

コメントを残す