月別アーカイブ: 2020年5月

帯取の池|半七捕物帳

文学と神楽坂

 岡本綺堂氏の小説「半七捕物帳」です。1917年、氏はシャーロック・ホームズに影響を受けて、日本最初の岡っ引捕り物「半七捕物帳」を執筆。それから1936年までの20年にわたり断続的にこの捕物帳を発表しています。

 これは「半七捕物帳」の「帯取の池」の最初の部分です。ここで出てくる「帯取の池」は市ヶ谷の月桂寺の西側にありました。でも、それってどこ? 本当にあるの?

「今ではすっかり埋められてしまって跡方も残っていませんが、ここが昔の帯取の池というんですよ。江戸の時代にはまだちゃんと残っていました。御覧なさい、これですよ」
 半七老人は万延版の江戸絵図をひろげて見せてくれた。市ヶ谷の月桂寺の西、尾州家の中屋敷の下におびとりの池という、可成かな大きそうな池が水色に染められてあった。
京都の近所にも同じような故蹟こせきがあるそうですが、江戸の絵図にもこの通りしるしてありますから嘘じゃありません。この池を帯取というのは、昔からういう不思議な伝説があるからです。勿論、遠い昔のことでしょうが、この池の上に美しいの帯が浮いているのを、通りがかりの旅人などが見付けて、それを取ろうとしてうっかり近寄ると、たちまちその帯に巻き込まれて、池の底へ沈められてしまうんです。なんでも池のぬしが錦の帯に化けて、通りがかりの人間を引寄ひきよせるんだと云うんです」

帯取 おびとり。太刀を腰につけるためのひも
万延版の江戸絵図 以下は国際日本文化研究センターの「萬延江戸図」(1860年)です。中央部に月桂寺が描かれています。その西の「尾張ドノ」は現在の東京女子医科大学です。

万延江戸図

万延江戸図

 現在の地図で、中央下の赤黒色の地図マーカーが「正覚山月桂寺」。

女子医大と月桂寺

現在の女子医大と月桂寺

大きそうな池 残念ながら「萬延江戸図」の附近では池は書いていません(上図)。万延元年「礫川牛込小日向絵図」(1860年)には月桂寺そのものがありません。嘉永7年「牛込市谷大久保絵図」(1854年)では月桂寺の中に多分青いかわらきの建物数棟がありました(下図)。でも、池があるのかは、不明です。青色を拡大すると瓦だと思います。また尾刕(=尾張、尾州)殿には池は描いていません。

月桂寺

月桂寺。「牛込市谷大久保絵図」から

京都の近所 秋里籬島氏の『都名所図会』(安永九年、1780年)では「帯とり池。広沢のひがしなり、路のかたはらにくぼみたる所あり、是なり。むかしはいと深くて、此池の霊帯と化して人を取りしとぞ」と書かれています。場所は左上の青い地図マーカーで。現在は「弁慶池」となっていました。

故蹟 古跡。歴史に残るような有名な事件や建物などがあったあと。遺跡。旧跡。古址
 様々な色糸を用いて織り出された絹織物の総称

「大きいにしきへびでも棲んでいたんでしょう」と、わたしは学者めかして云った。
「そんなことかも知れませんよ」と、半七老人はさからわずに首肯うなずいた。「又ある説によると、大蛇が水の底に棲んでいる筈はない。これは水練に達した盗賊が水の底にかくれていて、錦の帯をおとりに往来の旅人を引摺ひきずり込んで、その懐中ふところ物や着物をみんなぎ取るのだろうと云うんです。まあ、どっちにしても気味のよくない所で、むかしは大変に広い池であったのを、江戸時代になってだんだんにせばめられたのだそうで、わたくしどもの知っている時分には、岸の方はもう浅い泥沼のようになって、夏になると葦などが生えていました。それでも帯取の池といういやな伝説が残っているもんですから、誰もそこへ行ってさかなを捕る者も無し、泳ぐ者もなかったようでした。すると或時あるとき、その帯取の池に女の帯が浮いていたもんだから、みんな驚いて大騒ぎになったんですよ」

錦蛇 にしきへび。ニシキヘビ亜科のヘビの総称。インド・東南アジア・オーストラリア・アフリカの熱帯地方に約20種。全て無毒。
水練  水泳の練習。水泳の技術。水泳の名人。

 帯取の池はあったのでしょうか? 嘉永7年「牛込市谷大久保絵図」に青い絵がありますが、これは瓦葺きの屋根でしょう。現在の私は、この池は岡本綺堂氏が小説のため作り出したものだと思っています。

神楽坂であの子は

文学と神楽坂

内田春菊

内田春菊

 内田春菊氏の『レイル・ロード・ムービーズ』(講談社、2009年)の一節です。
 氏は漫画家、小説家。慶應義塾大学通信教育課程に入学・退学。その後、印刷会社の写植、ホステス、ウェイトレスを経て、1984年、エッチ漫画『シーラカンス・ブレイン』でデビュー。1993年の自伝小説『ファザーファッカー』と1995年の『キオミ』は直木賞候補。生年は1959年8月7日。

神楽坂であの子は
  不思議な音楽を奏でる

 彼女の死を知らされたのは、つい昨日のことです。
 電話が嗚ったそのあたりから、僕の峙計の針は奇妙にねじれてまともな時を告げてくれません。
 誰だって自分より年下の人聞か先に死ぬことは普通想像しないものだし、ましてやあの彼女が死ぬなんて。(略)

 翌日僕は、神楽坂に行く用事がありました。この用事の後に、彼女の家へ行こうと思っていました。
 彼女に借りたままのスイカもちゃんとポケッ卜の中に入っています。考えてみたらこんなものを借りっぱなしっていうのも、僕のだらしなさ、そして子どもっぽさの証拠なのに違いありません。
 どうするんだ。今返して。彼女はもう死んでしまったというのに。

 毘沙門天びしゃもんてんにふらふらと吸い込まれるように入って行きました。まだ現実感がありません。何をまつる場所なのかもよく知らないまま、夢中で手を合わせました。
 僕は神楽坂のことを何も知らなかった。でっかい肉まんの売ってる街、くらいの認識しかなかったのです。
 何度か来ているはずなのに、まるきり違う街に見えます。
 いや、これからしばらくは、何を見ても今までと違って見えるのかも知れません。

 おそらく主人公が神楽坂に来た駅は、JRや東京メトロの飯田橋駅ではなく、地下鉄の神楽坂駅(東京メトロ東西線)か牛込神楽坂駅(東京都交通局大江戸線)でした。その後、毘沙門天にはいったのです。

スイカ もちろん、JR東日本のカード。「Suica定期券」「My Suica」「Suicaカード」の3種類があります。
肉まん 五十番が売っている肉まんでしょう。昔は図2の所にありました。現在は本多横丁を渡ってすぐの場所にあります。

図1。神楽坂駅神楽坂駅

 あの時彼女の言ったこと、彼女のいつかの表情、こんなものが好きだった、そんな断片が、僕の中に浮かんでは消えます。
 素敵な和菓子屋で、手土産を買いました。浮き雲という名のメレンゲのお菓子と、さくらさくらという名の、桜の形のお菓子です。
 手土産を持って、もう向かうだけだというのに、ある店のショウウインドウをぼんやり眺めていました。
 ブリキのおもちゃが沢山並んでいます。木琴を叩いている女の子が彼女に似ていると思いました。
 でも、今は何を見てもそう思うのかもしれません。
 彼女の家は、線路沿いの道を歩いてすぐです。何度か見た風景です。だけどそれも違って見えます。
 まだ死んだ彼女の顔も以てないのに、こんなで大丈夫なのだろうか? 彼女の顔を見たら僕は壊れてしまうのではないだろうか? 怖くなってきました。心臓が口から飛び出そうです。

 それから和菓子を買い、ブリキのおもちゃなどを売っている太陽堂を見て、外堀通りにでる。
 でも、和菓子の店はどこなの? 順序よく行ける和菓子屋はありません。梅花亭か五十鈴なのですが、私は「梅花亭ポルタ神楽坂」に一票をいれます。なお、梅花堂の本店は神楽坂6丁目15番地(上図)にあります。

図2。神楽坂下(五十鈴、毘沙門、五十番、太陽堂、梅花堂ポルタ神楽坂)神楽坂下’(太陽堂、梅花堂、毘沙門)

和菓子屋 東京都新宿区神楽坂6-15か神楽坂2-6の「神楽坂 梅花亭」か神楽坂5-34の「五十鈴」でしょう。
浮き雲 梅花亭の食べ物。「白」と「抹茶」の2種類があり、「白はフワフワの焼メレンゲに小倉餡入り。抹茶は白あんベースに抹茶を加えた抹茶餡に丹波大納言小豆を散らして」あるもの。
メレンゲ 卵白と砂糖を混ぜて泡立てたもの。
さくらさくら 現在は梅花亭も五十鈴も「さくらさくら」という名前の和菓子はありません。
ある店 神楽坂2丁目の太陽堂でしょう。本来は陶器店、現在はレトロなおもちゃが沢山。
線路沿いの道 外堀通りでしょう。正式には東京都市計画道路環状第2号線。