木下杢太郎「南蛮寺門前」

文学と神楽坂

木下杢太郎」木下(きのした)(もく)()(ろう)に「南蛮寺門前」の中で石川啄木のことを書いている場面があります。昭和5年4月『冬柏』第2号に投稿したもので、木下杢太郎全集第14巻によっています。

小さな6号活字がここでも問題になっています。

1年前、北原白秋や木下杢太郎はこの小さな活字に怒ったことや、ほかの理由もあり、与謝野寛のもとから脱退しました。また、木下杢太郎が石川啄木をどうやってみているかもわかります。

今でも僕は殘念に思つてゐるのだが、それは僕の戲曲の第一作の「南蠻寺門前」をば、先生が校正の時添削して下さるといふのを、その時の第二號の編輯を引受けてゐた石川偏執からその機會を失したことである。此事は同じ名の僕の戲曲集のにも書いて置いたが、も一度回想して見る。

 時は明治四十二年の一月二月の頃である。その時分には「パンの會」と「觀潮樓歌會」とが屡〻有つた。たとへばその歳の一月の九日には午後からパンの會があり僕等は六時半にそれを濟まして、夜森先生の御宅の短歌會に出た。その時の出席者は昴の第二號に據ると、主人の他與謝野寛上田敏伊藤左千夫小泉千樫、石川木、斎藤茂吉平野萬里及び僕で、題は「舞」「清」「吝」「構」「或」であつた。僕の日記には「雲降る。十時過帰宅。」と書いてある。

偏執:かたよった考えをかたくなに守って他の意見に耳をかさないこと。
跋:ばつ。書物や書画の終りに,その来歴や編著の感想・次第などを書き記す短文。あとがき。
明治42年:1909年です。木下杢太郎氏と石川啄木は明治四十二年の一月にはどちらも23歳でした。
屡〻:「しばしば」。何度も。たびたび。〻は二の字点、ゆすり点で、主に縦書きの文章に用い、上の字の訓を重ねて読むときに使います。現在は「々」で代用。
短歌会:観潮楼歌会と同じ。

(スバル) 森鴎外、()()()(ひろし)鉄幹(てっかん))、与謝野晶子(あきこ)が協力して発行し、石川啄木、平野(ひらの)万里(ばんり)吉井(よしい)(いさむ)が編集し、この3人に加えて、木下杢太郎、高村(たかむら)光太郎(こうたろう)北原(きたはら)白秋(はくしゅう)らが活躍しました。反自然主義的、ロマン主義的な作品が多く、同人はスバル派と呼びました。創刊号の発行人は石川啄木で、創刊時から1年間、発行名義人です。スバルは1913年まで続きました。
パンの会 明治末期の青年文芸・美術家の懇談会。反自然主義、耽美的傾向の新しい芸術運動の場。1908年(明治41年)12月、第1回会合は隅田川の右岸の両国橋に近い矢ノ倉河岸の西洋料理「第一やまと」で。高村光太郎はやや遅れて参加、上田敏、永井荷風らの先達もときに参会し、耽美派のメッカに。白秋の『東京景物詩』、杢太郎の『食後の唄』はこの会の記念的作品です。
(かん)(ちょう)(ろう)歌会 観潮楼とは森鴎外が住む家のことで、森鴎外が『青年』『雁』『高瀬舟』など数々の名作を著しました。観潮楼歌会はここでの歌会のこと。場所は文京区千駄木1-23-4。
与謝野寛 よさの ひろし。与謝野鉄幹(てっかん)。与謝野鉄幹は明治42年1月には35歳。前年に『明星』は第100号で廃刊。以来、失意が続きます。大正8年(1919年)、慶應義塾大学文学部教授に就任。
上田敏 うえだ びん。上田敏は明治42年1月には同じく35歳。「山のあなたの空遠く」や、「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」などの訳詞は今も広く知られています。1908年、欧州へ留学し、帰国後、京都帝国大学教授になりました。
伊藤左千夫 いとう さちお。伊藤左千夫は明治42年1月には44歳。明治法律学校(現・明治大学)中退。正岡子規に師事。子規の没後、根岸短歌会系歌人をまとめ、短歌雑誌『馬酔木』『アララギ』の中心となって、斎藤茂吉、土屋文明などを育成。1905年、小説「野菊の墓」を『ホトトギス』に発表。
古泉千樫 こいずみ ちかし。木下杢太郎氏は小泉と書いていますが、正しくは古泉。22歳。左千夫が脳溢血により50歳で急逝すると、千樫はアララギ派の中心的歌人として多くの秀歌を残しています。
斎藤茂吉 さいとう もきち。斎藤茂吉は26歳。1905年、東京帝国大学医科大学に入学。1906年(明治39年)、伊藤左千夫の門下となり、「アララギ」に短歌を発表。
平野万里 ひらの ばんり。24歳。1905年東京帝大工科大学に進み、「明星」に短歌・詩・翻訳などを多数発表しました。石川啄木、吉井勇の三人で交替に『スバル』の編集に当たりました。
一月十三日の水曜日も雲であつた。午後四時から上野精養軒で「靑楊會」があつた。是れは第何回のものであつたか。靑楊會とは、上田敏先生の洋行送別會が上野の精養軒であつたのを第一の機曹としてその後その家で時々催されたものである。僕の日記には唯「上田氏怪氣焰。永井荷風。」と記してあるばかりである。然しかう云ふ斷片的のものから當時の文學的雰圍氣を通つて來たものには直ぐいろいろの聯想が附くことと思ふ。

 その一月の間に僕は南蠻寺門前の小戲曲に着手し、前半はわけもなく出來たが、後になるに從つて思想が纏めらなくて閉口した。

 當時の交友は新詩社を中心とした諸君で、一月十七日の日曜日には午後二時本郷森川町の蓋平館本店といふ下宿に石川木を訪ねた。石川が昴二月號の編輯をやつてゐたことは既記の如くである。そこに吉井勇が居た。吉井と共に寓居に歸り、夜はまた南蠻寺にかかつた。あと五六枚のところで煩悶してゐたのである。

 一月十八日も午後から雪となった。さんざ苦しんだ揚句豫期しなかつた着想を得て、膝を打ち、午後四時半に至つて到頭書き上げた。そして女中に糊入の美濃紙を買はして、大急ぎで淨書し、森先生の御宅へ電話をかけると、來てもよいといふ返事であつた。

 晩餐の後直ぐ家を出たが、その途中ふと追分なる島村盛助の宿へ立ち寄つて此原稿を見せた。

 談後島村が批評を始めて、中々言葉が切れない。こちらは氣が氣でなかつたなどといふことも思ひ出される

美濃紙:岐阜県美濃市で()かれている和紙の総称

青楊会(せいようかい) 上野(せい)(よう)(けん)で行いました。食べながら話を聞いたり歌を詠んだりなどしたのでしょう。
新詩社(しんししゃ) 正式には東京新詩社。1899(明治32)年、与謝野鉄幹を中心に創設。1900年創刊の機関誌《明星》は08年廃刊まで浪漫主義文学の拠点でした。妻晶子を始め、高村光太郎、平野万里、北原白秋、木下杢太郎、石川啄木、吉井勇ら新人が輩出しました。
吉井勇 よしい いさむ。当時は22歳。石川啄木、平野万里の三人で交替に『スバル』の編集に当たりました。耽美派の歌人・劇作家です。
島村盛助 しまむら もりすけ。24歳。英文学者、翻訳家、教育者で、明治42年に東京帝国大学英文科を卒業しました。岩波の英和辞典の編纂者の一人です。
森先生は直ぐ僕の原稿を讀み始められた。僕は傍から今どの邊が讀まれてゐるかを眺めた。

 森先生はそれを讀み了ると、はははははと笑つた。そしてだいぶいろんなものか並べてあるねと揶揄せられた。

 その時どう云ふ批評をされたか。餘り細くは批評せられなかつたやうに思ふ。今も覺えてゐることは、劇的のZuspitzung(これは獨逸語で言はれた)が足りない。それから修辭がまづいと斷ぜられたことである。森先生は當時ユリウス・バツブを讀んで居られ、その説に同感して居られるやうに見えた。それで僕はとに角校正の時は見てやらうと先生をして言はしむるまでに成功した。

 平野萬里君もあとから見えたので、一緒に森邸を辭した。その時は雪は已に息んでゐた。

Zuspitzung:激化、先鋭、先鋭化、尖鋭
修辞(しゅうじ):言葉を美しく巧みに用いて効果的に表現する技巧や技術。レトリック(rhetoric)。
ユリウス・バツブ:Julius Bab。ドイツの劇作家と劇場批評家。『演劇社會學』の著者。

一月十九日。火曜日の朝は七時からのバツフさんの佛蘭西語の講義を一時間聽き、八時二十分に石川木の宿に行き、その寐てゐるのを起して、疇昔の原稿の掲載方を頼んだ。そこに北原白秋も來り、二人で午食の振舞を受け、夜は與謝野さんの御宅に往き、原稿中の經文に振假名をして貰つた。この時は北原、石川も多分一緒であつたらう。「電車を四谷にて下り、天ぷら屋にて酒を飮み、藝術の事を談ず。」と日記に書いてある。

 一月二十二日、金曜日に石川の處に行くと、吉井君、平野君とも一人の人がそこに居た。當時石川は平野君に對して反感を有してゐた。その主な原因は昂をば短歌を主とすること明星の如くはせず、短歌をば六號活字で組まうと論じ、平野君の反對を受けたことにあるらしい。その不平をば三間ばかりの長い手紙に書いてよこした。その後この手紙を捜したが、どこかに行つてしまつて見つからなかつた。

 この頃僕に多大の感激を與へた本はリヒヤルド・ムウテルの佛國印象晝派とゲオルグ・ブランデスの十九世紀思潮論であつた。またアアサア・シモンズマアテルリンクが流行で僕も之を拾ひ讀んだ。

 一月二十三日の土曜日にはまたパンの會があつた。人が集まらないで、明治座の山崎紫紅の破戒曾我を立見をしたりなどした。その日のパンの會には石井柏亭、北原白秋、長田幹彦、平野萬里、栗山茂等が集まつた。

 島村抱月の洋行土産の欧洲近代繪畫論は面白いが、肝腎の畫そのものは少しも分つてゐないのだと皆が判定した。予はその批評を書く役になつて、翌日その原稿を石川の處に持つて行くと平野萬里君が来た。

疇昔(ちゅうせき):過去のある日。昔。疇は「以前」の意味
六號活字:六号活字。縦横約3ミリで、8ポイント活字と比べると、わずかに小さく、約7.5ポイント

北原白秋 24歳。詩人、童謡作家、歌人。早稲田大学英文科予科に入学。
リヒヤルド・ムウテル Richard Muther。ドイツの批評家と芸術の歴史家
ゲオルグ・ブランデス Georg Brandes. デンマークの評論家。ヨーロッパ文芸を痛烈に批評。
アアサア・シモンズ Arthur William Symons. 英国の詩人、文芸批評家、雑誌編集者。
マアテルリンク Maurice Maeterlinck。ベルギーの詩人、劇作家、随筆家
山崎紫紅 やまざき しこう。34歳。劇や歌舞伎の作家。主な作品は「破戒曾我」など
石井柏亭 いしい はくてい。 27歳。版画家、洋画家、美術評論家。東京美術学校洋画科を中退。
長田幹彦 ながた みきひこ。22歳。小説家、作詞家。早稲田大学英文科卒業。
栗山茂 くりやま しげる。23歳。東京帝国大学卒業。外務省入省。日本の元最高裁判所判事。
島村抱月 しまむら ほうげつ。38歳。文芸評論家、劇作家、演出家。新劇運動の先駆け。
二月になつて昴の第二號が出た。成程短歌は皆六號活字で組んであつた。そして早野君の「抗議」が插人してあり、「短歌を六號にした事に就ては僕は一言の相談も受けなかつた。組んで來たのを見て僕は驚いて了つた。云々」と書いてある。それに對して石川君がまた「消息」といふ處でむきになって應戰してゐる。「小生は第一號に現はれたるが如き、小世界の住人のみの如き雜誌は嫌ひなり。その嫌ひなるは主として小生の性格に由る、趣味による、文藝に對する態度と覺悟と主義とに由る。小生の時々短歌を作るが如きは或意味に於て小生の遊戲なり。」云々。

 さう云ふ木が後來短歌によつて世評を得たのは、今考へると中々面白い。

 ところが僕の南蠻寺の原稿は少しも直つて居なかつた。あとで木を責めると、時日が切迫して森先生の處へ校正を廻すことが出來なかつたのだと言って辯解したが、僕は心の中ではそれは口實だと考へざるを得なかつた。木は何にでもかんにでも反感を持つ男で、自らは大家の添削を受けるなどといふことを好まなかつたので、僕の意を蹂躪したのであらう。その故に僕は千載一遇の機を失したのであつた。

蹂躪。じゅうりん。ふみにじること
千載一遇。せんざいいちぐう。千年に一度しかめぐりあえないほどまれな機会

文学と神楽坂

スポンサーリンク

木下杢太郎「南蛮寺門前」」への1件のフィードバック

  1. makiko yosimaru

    大変、参考になりました。注釈もていねいで、おそれいります。こういうお仕事の意味は大事ですね。感謝します。

    返信

コメントを残す