神楽坂|本多横丁の有名な店

文学と神楽坂

江戸中期から明治初期まで、この通りの東側すべては本多家の邸地でした。旗本から最後は大名になり、藩知事になったのですが、廃藩置県にともなって免職となりました。一時「本多横丁」は「すずらん通り」となりますが、昭和50年ごろには元に戻っています。また「すり横丁」ともいわれました。作る料理人のほうが金をなくすというのです。

では、まずなくなった店…というのもおかしいのですが、「旧見(旧検)」がありました。「旧検番」の略で、民政党の一派が作る検番です。「新検」とライバル関係にありました。この芸者新道と本多横丁があう南側、今は「ほてや」の場所にありました。G

呉服屋「ほてや」の開業は大正初期。いまのところにかわるまで、いろいろ変わってきたようです。最初は本多横丁、戦前は三菱銀行の隣、戦後は坂の交差点角の階段を上がったところ、しかし花柳界の反対があり、最後はここです。

次は「たつみや」です。昭和23年開業。うなぎ屋。ジョン・レノンとオノ・ヨーコも来たそうです。常盤新平が直木賞をとった場所もここ。

たつみや

 

さらに進むと、美容院「ラ・パレット」の創業は大正11年。一時本多横丁には髪結いが4軒もあり、「髪結い横丁」とも呼ばれたそうです。創業者は中井よし氏。もともとは日本髪の職人でした。
パレット

鳥せづ」は女将さんがやっています。道路側の神楽坂で80年続く鶏肉店鳥静商店の三代目です。鳥せづは2000年ごろからやっています。

鳥しづ

さらに料亭「」は現在ここには4軒しかない料亭です。
牧

以下はMATU(669)さんの「食べログ」の要約です。

 神楽坂の芸妓渡辺和子さんが一代で築き上げた名料亭で、「牧」はいまだに一見さんお断りの店ですが、料亭の隣に割烹が近年併設し、こちらの店は初回でも予約が可能です。コースは一人12000円以上。カウンター割烹をクリアーすれば次はいよいよ料亭で、女将さんに名刺を渡しておけば、お座敷の予約は多分可能です。芸者は一人呼ぶと5万円ぐらい。後日請求書が来るので、銀行振り込みに支払います。2人で食べてちょっと飲んで5万円ぐらい

神楽坂の通りと坂に戻る場合

スポンサーリンク

コメントを残す