神楽坂 長~い3丁目

文学と神楽坂

昔は神楽坂は坂ではなく、階段でしたが、明治初期になくなりました。明治20年、神楽()三丁目はここ
現在、3丁目は菱屋龍公亭助六丸岡陶苑ヤマダヤ椿屋五十番(五十番は2016年から4丁目になりました)などがあります。
2丁目から3丁目に入った場所で、神楽坂通りの上を向いて右側の歩道で、歌川広重が描いた「牛込神楽坂之図」があります。

また、昔の木村屋(今は上島珈琲店)、二葉神楽坂演芸場があったところです。

神楽坂通りで丸岡陶苑のあたりが最大の高さです。これから神楽坂上に行っても下がることになります。
三沢浩氏の『神楽坂まちの手帖』「神楽坂、坂と路地の変化40年④」によれば

外堀通りの角、元「アカイ」前の道端を0mとすると、坂上の「丸岡陶苑」と向かいの「ナカノ洋裁」が12m230の最高所。毘沙門天から大久保通りへ向こうに連れて6m余りも下がる。

と書かれています。

最高点から神楽坂下を見たところは…

最高点

最高点。神楽坂下を見たところ



最高点から神楽坂上を見たところは…

最高点上

最高点。神楽坂上を見たところ

 

左にはいると見番横丁です。

すこし先に行くとまた左側に行く三叉路があります。ここを左側に曲がって、10mぐらい歩くと左手に駐車場があります。この駐車場は「神楽坂演芸場」があったことろです。昭和10年に「演舞場」に改名しましたが、寄席の1つで、柳家金語楼きんごろうなどが有名でした。

駐車場

この駐車場は神楽坂演芸場でした



では三叉路に戻りましょう。すこし上に歩くと、右側に「本多横丁」が顔を出してきました。ここを超えると神楽坂通りの4丁目です。ちなみに神楽坂通りの左側は3丁目から直接5丁目になってしまいます。4丁目は一番歴史も雰囲気もいっぱいある、そんな土地です。

本多横丁

本多横丁です



なお、5丁目の毘沙門天と4丁目の三菱東京UFJ銀行の間には「毘沙門横丁」と呼ぶ小さな路地が出てきます。このあたりは芸妓が沢山いた場所です。今はそんなことは絶対に全くありえません。

本多横丁はここを
善國寺はここを
毘沙門横丁はここを
神楽坂通りの4丁目はここを

さらにもとの神楽坂の通りと坂に戻る場合は

スポンサーリンク

コメントを残す