美濃屋[昔]とアジアンタワン

文学と神楽坂

美濃屋神楽坂5丁目30番で昔は菱屋分店、戦後は足袋の美濃屋に変わりましたが、1990年代に消え、今ではアジアンタワンなどに変わっています。アジアンタワン場所はここ
昭和45年新宿区教育委員会が書いた「神楽坂界隈の変遷」の「古老の記憶による関東大震災前の形」では「糸・菱屋」になっています。
右の下図は神楽坂アーカイブズチーム編「まちの想い出をたどって」第2集「肴町よもやま話②」からで、絵は読みにくくなっているので、書き直ししました。
古老の記憶による関東大震災前の形「神楽坂界隈の変遷」昭和45年新宿区教育委員会より美濃屋1

神楽坂アーカイブズチーム編「まちの想い出をたどって」第2集「肴町よもやま話②」の本文では

相川さん すぐ隣が菱屋さんの。これも天利さんと同じだけど、三丁目のと親戚でね。
馬場さん そういえば「菱屋分店」って書いてあった。

天利氏は菱屋の店主です。戦後は神楽坂6丁目から美濃屋がはいってきました。大島歌織氏の『ここは牛込、神楽坂』第8号の「神楽坂で見つけた」(平成8年9月)では

足袋について

 美濃屋さんの前は、何度となく通っていて、入ってみたいと思いつつ、なかなか果せないでいました。足袋屋さんて、目的が限定される分、ほかの店のように「ちょっと見せてください」って軽く言えないんだな。

 でも、そろそろ足袋を買おうと思ってたとこでもあり、このページのことを囗実にして…と、ついに敷居をまたいだのでした。ドキドキ。(略)

 明治初期から続く美濃屋さんのご主人(三代目)は、六年前に「六十四歳になる手前で」亡くなられて。いまは外の職人さんに頼んでいるとのこと。その職人さんがやって来るのは、金曜日の夜七時。誂えたい人は、その時分に型をとってもらわなればなりませぬ。

平成8年12月、新宿区郷土研究会『神楽坂界隈』(平成9年)の岡崎公一氏の「神楽坂と縁日市」の「神楽坂の商店変遷と昭和初期の縁日図」では美濃屋はなくなっています。その後、ビデオレンタルなどに変わり、現在は二階のタイ料理「Asian Tawan」や地下一階の「魚がしどまん中神楽坂店」などがはいっています。

スポンサーリンク

コメントを残す