文豪の素顔|森鴎外(1)

文学と神楽坂

 長田幹彦氏は1953年の66歳の際に書かれた『文豪の素顔』です。氏は1887年3月1日に生まれ、没年は1964年5月6日なので、これは21歳に起きたことです。この日、森鴎外氏、上田敏氏、夏目漱石氏が一か所に集まったのです。これはその時の話です。

  森鴎外

 今夜の青楊会の会合は午後六時の開宴である。今は丁度三時だ。
まだ彼これ三時間間があるわけである。はその間に何んとかし
て兄秀雄と二人分の会費を算段してこなくてはならないのである。
二人で十円あれば、悠々と会へ出られるのだが、打つてもみしや
いでも僕のガマロには五十銭玉がたつたひとつしか残つてゐない。
まことにお寒い昨今である。兄秀雄は昨夜七時すぎに吉井勇と落
合つて家を飛び出してしまつたきり、例によって膿んだでもなけ
りやつぶれたでもない。きつと又あのまま神楽坂の小待合へでも
溺没してしまつたのであらう。きつと会がはじまる頃に、白粉く
さくなつて、ひよろりと現はれるに相違ない。
 何よりも困つたのは、僕が虎の子のやうに愛蔵してゐた、あの
「ゾラ全集」と「ゴンクール全集」をまんまと持ち出されてしま
つたことである。兄貴のこの頃の御乱行は実さい眼にあまるもの
があつた。悪友勇と一しよになると、手あたり次第に何んでもか
でも持ち出してしまふ。一昨日なぞは親父の外套をきていつてし
まつたので、親父は患家へ回診に出かけることも何も出来ず診察
室でぷんぷん代診たちに当りちらしてゐた。真正直な温良な、実
にいい親父であるだけに、僕はすつかり義憤を発して、もし深夜
に兄貴が酔つぱらつて帰つてきたら今夜こそとたんにひつぱたい
てやらうと思つて手ぐすねひいて待つてゐた。僕はボートできた
へた腕なので、腕力では誰れにもまけない自信があつた。
森鴎外 森鴎外明治・大正期の小説家、評論家。生年は1862年2月17日(文久2年1月19日)。没年は1922年(大正11年)7月9日。軍医総監。医学博士・文学博士。本名は(もり)林太郎(りんたろう)。明治41年に行った上野精養軒の会合は46歳になっていました。
青楊会 せいようかい。森鴎外氏が作った送別会などの、文学者の宴会です。「鷗外日記」によれば明治41年(1908年)「四月十八日(土) 夜上野の青楊會に往く。夏目金之助等来会す」と書いています。また、これは3回目の青楊会でした。4月25日の上田敏宛の手紙では「君を送りまつりし會より生れし青楊會の三度目に又々夏目君などと出逢い候」と書いています。
長田幹雄。ながたひでお。小説家。東京の生まれ。生年1887年3月1日、没年は1964年5月6日。秀雄の弟。「明星」「スバル」に参加。小説「(みお)」「零落」で流行作家に。「祇園小唄」などの歌謡曲の作詞者としても有名。この日は21歳でした。
秀雄 長田秀雄長田秀雄。ながたひでお。詩人・劇作家。生年は1885年(明治18年)5月13日。没年は1949年(昭和24年)5月5日。東京の生まれ。明治大学で学ぶ。幹彦の兄。「明星」「スバル」に参加。新劇運動に加わり、史劇で新分野を開きました。この時は23歳。
みしやい 「みしゃぐ」でしょうか。押しつぶす。ひしゃぐ
吉井勇 吉井勇よしいいさむ。歌人・劇作家。生年は1886年(明治19年)10月8日。没年は1960年(昭和35年)11月19日。東京の生まれ。早稲田大学中退。耽美派の拠点となる「パンの会」を結成。歌集は「酒ほがひ」「祇園歌集」「人間経」、戯曲は「午後三時」「俳諧亭句楽の死」など。22歳。
膿んだ ()む。化膿(かのう)すること
溺没 できぼつ。おぼれて沈むか、死ぬこと
虎の子 虎は自分の子をかわいがって育てる。それと同じで、大切に持ち続けて手放さない。
ゾラ Émile Zola。フランスの小説家。生年は1840.4.2。没年は1902.9.29。「実験小説論」を著し、自然主義文学の方法を唱道。
ゴンクール Edmond & Jules Huot de Goncourt。フランスの兄弟の小説家。自然主義の小説を合作。また、日本の浮世絵の研究・紹介にも努めました。
代診 担当の医師に代わって診察すること
 秀雄はたうとうその晩も帰つて来ず、昨日の正午頃、親父の外套
は質にぶちこんだらしくふらりと帰つてきて、そのまま飯もくはず
に二階へあがつて夜着をひつかぶつて寝てしまつた。実さい呆れ返
つて、口がきけない。
 夕方になると、勇が叉現はれて、僕がちよつと出た留守に、二人
でくだんの全集をひつかつぎ出したものに相違ない。四ケ月も五ケ
月も学資の残余をこつこつためて、やつと買つた全集であるだけに、
まんまとシテやられた口惜しさ! さすがの僕も腹をすゑかねた。
弟のものはおれもの、おれのものはおれのもの式な、兄貴のわがま
まな横暴さが骨髄に徹して僕はどうしてくれようかと、全く切歯扼
腕したのであつた。一たい兄貴のやうなぐうたらな土性骨のない人
間はその時分でも珍らしかった。親父ももう此頃では、持余して、
毎日心の中では血の涙をのんでゐるらしかった。
 さうかといって、今夜の会費だけは何んとかしてこしらへておい
てやらないと、僕までが皆の前で恥ぢをかかなくちやならない。今
夜は珍らしく森鴎外、上田敏夏目漱石の三先生がみえるといふの
で、われわれ文学青年にとつては、又とないかき入れの会合であつ
た。
 僕は万策つきて、たつた一枚しかないオーバーで金をこしらへる
より外に手段はなかつた。幸ひ行きつけの質屋が、本郷にあるので、
電車でそこへいつて、店先でオーバーをぬいで、やつと五円紙幣を
二枚うけとつた。もう四月も十日過ぎ、桜の花もぽつぽつ咲きそろ
ふ頃なので、薄地の背広一枚でもさうたいして寒くなかった。
切歯扼腕 せっし やくわん。歯ぎしりをし腕を強く握り締めること。残念や怒ったりすること
土性骨 どしょうぼね。性質・性根を強めて、ののしっていう語
上田敏 上田敏うえだ びん、文学者、評論家、翻訳家。生年は1874年(明治7年)10月30日。多くの外国語に通じて名訳を残しました。明治38年、訳詩集「海潮音」を刊行。明治41年、欧州へ留学し、帰国後、京都帝大教授に。没年は1916年(大正5年)7月9日。死亡は41歳でした。この日は34歳でした。
夏目漱石 夏目漱石なつめ そうせき。小説家、評論家、英文学者。生年は1867年2月9日(慶応3年1月5日)。没年は1916年(大正5年)12月9日。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学講師として英文学を教え「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になりました。41歳。
 僕はその足で白山の御殿町にゐる木下杢太郎が一番鵬外先生に親
近してもゐたし、信用も一番あつたので、木下杢太郎のところへ廻
つた。といふのは杢太郎が先生のお宅へ誘ひにあがつて、ごいつよ
に会場である上野の精養軒へお連れするのではないかと思つたから
であった。もしかさうだつたらかねがねから近づきがたい先生にた
つたひと言でも話しかけてみたいと、柄にもない念願をおこしたか
らであった。
 その時分の一しよのグループであった北原白秋、木下杢太郎、吉
井勇の面々の間で、僕は年も二つや三つ下だし、それよりも第一秀
雄の舎弟とあっては一向に頭角を現はすわけにいかない。皆さうさ
うたる売り出しの詩人達であるから僕のやうな才の薄い散文家は、
いつも卑屈な立場に立たされた。上眼づかひをしながら心にもない
おベンチャラをいつてゐるしか手がない。だから秘蔵の書籍なんか
遊蕩費がはりに持ち出されても実さいは、先輩や兄貴を張り倒すわ
けにもいかない退け目があつたわけである。お前はまだ処女膜が破
けてゐねえんだなぞと人前でボロクソにいはれて、三下奴でへこへ
こしながらくッついて歩いてゐる情なさといったら全くなかった。
一度なぞは勇が幹さん、その時計をかせッと叫んで僕の袴の紐へ手
をかけて、何んともいへぬ貧ランな殺気をみせた。つまり僕の時計
で金をこさへてもうひと晩吉原へいかうといふのである。僕はこれ
が文学のうへの先輩でなければ、むろん地面へ叩きつけてやつたに
相違ない。僕だつて反面は狭量な一徹者であつたから、酔つてフラ
フラしてゐる勇ぐらゐひッぱたくのはへいちやらであつた。
御殿町 白山御殿町。町の大部分は白山御殿の跡です。左手に東京大学付属の小石川植物園があります。

御殿町

木下杢太郎 木下杢太郎きのした もくたろう。詩人、劇作家。後に東京大学医学部皮膚科教授。生年は1885年(明治18年)8月1日。没年は1945年(昭和20年)10月15日。本名は太田正雄。23歳。
精養軒 明治期の上野精養軒せいようけん。東京都台東区上野恩賜公園内にある最も古い西洋料理の店。図は明治期の上野精養軒
北原白秋 北原白秋きたはら はくしゅう。詩人、童謡作家、歌人。生年は1885年(明治18年)1月25日。没年は1942年(昭和17年)11月2日。23歳。
三下奴 さんしたやっこ。博打(ばくち)打ちの仲間で下っ端の者。
貧ラン どんらん。貪婪。とんらん。ひどく欲が深いこと
一徹者 いってつもの。思いこんだことはあくまで押し通す人
 しかし彼の「酒ほがひ」にある一連の名歌を思ふと、碌すつ
ぽなものもかけない自らを省みて何としても彼の頭へ鉄拳を加
へるなんていふ勇気は、いつの間にかへなへなと消し飛んでし
まふのである。しかし心の中ではいつも今にみやがれッと絶叫
して虎視たんたんとしてゐたのは事実である。全くあの時分の
吉井勇は名詮自称、無頼漢であり、智能人にすぐれてゐるくせ
に、手のつけられぬ洛陽の酒徒であった。秀雄、勇の徒は自分
で質屋で金をこさへてくると、こっそり一人遊びをやるし、他
人が金をもつてゐると弟だらうが先輩だらうが卜コトンまでタ
カつて素裸にしてしまふ。古風な蕩児らしいエゴイズムと残忍
さをつぶさに身につけてゐた。











酒ほがひ さかほがひ。吉井勇の歌集。 1910年刊。718首を収録した第1歌集。青春の挫折感から酒と愛欲に耽溺した境地をうたったものが多く祇園を舞台とした歌が特に有名。「ほかう」は望む結果が得られるようなことばを唱えて神に祈ること。後世には濁って「ほがう」の形になりました。
虎視たんたん 虎視眈眈。こしたんたん。虎が鋭い目つきで獲物をねらっている様子。転じて、じっと機会をねらっているさま
名詮 みょうせん。仏語。名がそのものの性質を表していること
洛陽 後漢は、前漢(西漢)の都である長安から東の洛陽に遷都したため、洛陽を「東京」と呼びました。洛陽に京都という意味もありますが、吉井勇氏は東京生まれなので、この場合は洛陽は東京でしょう。
蕩児 とうじ。正業を忘れて、酒色にふける者

文学と神楽坂

スポンサーリンク

コメントを残す