村松時計店[昔]|神楽坂5丁目

文学と神楽坂

鮒忠

鮒忠

神楽坂アーカイブズチーム編「まちの想い出をたどって」第3集「肴町よもやま話③」で、関東大震災後、村松時計店は現在の鮒忠にあったようです。地図はここに。鮒忠はここに。今ではこの地に立っていた建物をまとめると……
① 昭和45年新宿区教育委員会の『神楽坂界隈の変遷』「古老の記憶による関東大震災前の形」では、おそらく大正11年頃、小間物・浅井。
④ 「まちの想い出をたどって」第3集「肴町よもやま話③」で、関東大震災後の一定時間に、村松時計店がはいります。
③ 新宿区郷土研究会『神楽坂界隈』(平成9年)で岡崎公一氏の「神楽坂と縁日市」「神楽坂の商店変遷と昭和初期の縁日図」では、昭和5年頃、船橋屋本店。これはお汁粉屋でした。
④ 都市製図社の「火災保険特殊地図」で、昭和12年で、クスリヤ。薬屋です。
⑤ 都市製図社の「火災保険特殊地図」で、昭和27年で、西川菓子店(チョコレート屋)
⑥ 以降は 昭和30年頃から、鮒忠です

神楽坂アーカイブズチーム編「まちの想い出をたどって」第3集「肴町よもやま話③」では

馬場さん それで通りを一つ隔てて、いまの「鮒忠」さんのところ。これがたいへんなんですよね。何やってもうまくいかないんだ
山下さん 西沢さんだ。チョコレート屋さんだったね。
馬場さん 何やってもうまくいかないところでね。
相川さん ここは浅井平八郎さんという小間物屋さんで。
山下さん あの大きなところを全部使っていたの?
相川さん 全部使っていた。
馬場さん 昔、酒屋があったって話を聞いたけど。
相川さん いや、酒屋はない。あんまり昔じゃ私もわからないけど。
馬場さん これは大きい酒屋だったって。万長なんかとは比べ物にならないんだって。それで潰れているんだって。
相川さん この「船橋屋」というのはお汁粉屋。これは、戦争中に「シンセイ堂」つていう薬局があったんです。船橋屋のあとに。そのあとが小間物屋。小間物屋さんが店を閉めるについて、一時、銀座の「村松時計店」が大きくあそこに入っていた。これも銀座の方に新しく(店舗が)できたからってんで引き上げた。そのあとに船橋屋が来た。
馬場さん それから薬屋で、戦災で焼けたときにはなんだったんですか?
相川さん 薬屋でおしまいになったんでしよ。
馬場さん 嘘だよ、薬屋じゃないよ。焼けるときは薬屋じゃなかったよ、ここは。
山下さん それで、戦後はどうですか? いちばん最初は「ノーブル」?
相川さん 「ノーブル」。喫茶をやっていた。
馬場さん ノーブルさんのあとへすぐ鮒忠ですか?
相川さん そうですね。

鮒忠

スポンサーリンク

コメントを残す