近江屋|神楽坂五丁目

文学と神楽坂

明治37年、食料品「近江屋」が九段下に創業。大正5年、神楽坂五丁目に引っ越しした老舗のお惣菜屋です。場所はここ

神楽坂アーカイブズチーム編「まちの想い出をたどって」第3集「肴町よもやま話③」では

馬場さん 近江屋さんは、もうまったく変わらないでしよ?
相川さん 近江屋さんになる前に、私か聞いたんじやないんだけれども、「大黒屋」さんという呉服屋さんだったとか。それは知りませんよ、私は。私か覚えたときには、あそこはもう漬物屋さんだった。
馬場さん 地所は?
相川さん 相馬屋さんだった。あれはいい地所ですよ。近江屋さんも伊勢に行っていた(疎開していた)でしょ。戻ってきて「地所を貸してください」つで言ったら、「売ります」となって買い取った。

近江屋

手造りの煮豆類。
近江屋1

神楽坂5丁目に戻る場合には
田原屋[昔]紅谷(昔)万長酒店(昔)河合陶器店五十鈴相馬屋寺内公園鮒忠山せみ八百文寺内公園の石畳

お店

スポンサーリンク

コメントを残す