夏目漱石誕生の地|早稲田

 

文学と神楽坂

 三角形の大きな石碑には「夏目漱石誕生之地」、その左側に小さく「遺弟子安倍能成書」と書いてあります。

漱石生誕の地

 また、石碑の下には

夏目漱石は慶応三年(一八六七年)一月五日(陽暦二月九日)江戸牛込馬場下横町(新宿区喜久井町一)名主夏目小兵衛直克の末子として生まれ明治の教育者文豪として不滅の業績を残し大正五年(一九一六年)十二月九日新宿区早稲田南町七において没す 生誕百年にあたり漱石の偉業を称えてその生誕の地にこの碑を建つ

 また右側には

昭和四十一年二月九日
夏目漱石生誕百年記念
     新宿区建之

 また説明板もあります。

文化財愛護シンボルマーク

新宿区指定史跡
(なつ)()漱石(そうせき)誕生(たんじょう)()
所 在 地 新宿区喜久井町一番地
指定年月日 昭和六十一年十月三日
 文豪夏目漱石(一八六七~一九一六)は、夏目小兵衛直克と千枝夫妻の五男三女の末子としてこの地に生れた。
 夏目家は牛込馬場下横町周辺の十一ヶ町をまとめる名主で、その勢力は大きく、喜久井町の名は夏目家の家紋「井桁に菊」に因み、また夏目坂は直克が命名したものだという。
 漱石は生後間もなく四谷の古道具屋に里子に出されたが、すぐに生家にもどり、二歳の十一月に再び内藤新宿の名主塩原昌之助の養子となり、二十二歳のときに夏目家に復籍している。
 なお、この地での幼少時代のことは大正四年に書かれた随筆『硝子戸の中』に詳述されている。
 また、この記念碑は昭和四十一年に漱石生誕百年を記念して建立されたもので、文字は漱石の弟子安倍能成の筆になる。
  平成三年十一月
東京都新宿区教育委員会

神楽坂の通りと坂に戻る

文学と神楽坂

1 thought on “夏目漱石誕生の地|早稲田

  1. ウインドライダー

    「生誕の地」記念碑の背景にある「やよい軒」は、その前が「吉野家」でしたが、2013年4月に上京した時は、確か空き店舗になっていたように記憶しています。記念碑の背景には、どちらかと云えば、鮮やかな黄色の幟の「吉野家」さんより、「やよい軒」さんの方が合うような気がします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください