田原屋[昔]|神楽坂5丁目

文学と神楽坂

 創業者は名古屋出身の高須宇平氏で、19世紀末ごろ牛鍋屋として開業。その後、洋食屋とフルーツの店に変わりました。場所はここです。2002年2月に閉店。

 岩動景爾著「東京風物名物誌」(昭和26年)では

 明治20年頃は牛鍋で名を売り、果物店になったのは明治40年頃、明治末年日本で始めてのフルーツパーラーを始めて、千疋屋・万惣・高野もこれに倣ってパーラーを兼営するようになった。当時アイスクリーム8銭の頃15銭で売る等すべて高級味覚本位で一貫し東京の代表的果実舗の一に算えられた。田原屋のフランス料理も有名でこれは大正3年に始め広く食通人を集めた。戦後は京橋東仲通り万珠堂の隣りで弟さんが昔の田原屋系コックを集めてレストラン田原屋を始めている。

昔の田原屋、田原屋跡

 夏目漱石菊池寛佐藤春夫永井荷風らが通いました。メニューにはなんとも懐かしい「田原屋」のレタリング。

田原屋ロゴ

 田原屋は最初はおいしかったと思います。しかし後半はこのメニューのように、新しいものも新鮮なものもなく、あるのは旧弊だけとなり、うーん、どうもなあ、でした。

 新宿区教育委員会の「神楽坂界隈の変遷」の「古老の記憶による関東大震災前の形」(昭和45年)の注として

 毘沙門の隣の静岡という魚やが、土地付で家を売りたいというので4000円で30坪、家付で買って、これで今の田原屋のめばえとなったのです。開店後は世界大戦の好況で幸運でした。当時のお客様には、 観世元玆夏目漱石長田秀雄幹彦吉井勇菊池寛、震災後では15代目羽左ヱ門、六代目、先々代歌右ヱ門、松永和風、水谷八重子サトー・ハチロー、加藤ムラオ、永井荷風今東光日出海の各先生。ある先生は京都の芸者万竜をおつれになってご来店下さいました。この当時は芸者の全盛時代でしたからこの上もない宣伝になりました。(梅田清吉氏の“手紙”から)

 加藤ムラオという名前はないので、野口冨士男氏は註として「加藤武雄と中村武羅夫?」と書いています(『私のなかの東京』 文藝春秋)。2人は年齢も一歳しか違わず、どちらも新潮社の訪問記者を経て、作家になりました。

 夏目純一氏は『父の横顔』でこう書いています。父は夏目漱石です。

 やはり、小学一、二年の頃だったと思う。父は私達をつれてよく散歩に行った。当時新宿はまだ今のように発展してはいなかったが、神楽坂はとてもにぎやかで、夏の夜なぞ、夕方から団扇(うちわ)をもった浴衣がけの人達が、夜店をひやかしたり、往来の金魚屋をのぞいたりして仲々風情があったものだ。そんな通りをぶらつきながら、毘沙門さまのあたりまで来ると田原屋という料理屋があった。表は果実屋だが中に入ると洋食を食べられるようになっていて、それが仲々美昧かった。父は私達をよく、この田原屋へつれて行ってくれたのだが、前にすわっていて、いちいち、がちゃがちゃ音を立ててはいかん、他所(よそ)見をしないで前を向いて食べろとか、口にほうばってべちゃべちゃ喋るなと、そのやかましい事といったら、何々するな、何しちゃいかんの連続で、せっかくの御馳走もさっぱり食べたような気がしなかった。後で考えるといちいちもっともな事ばかりなのだが、その時はおいしい物もいいが、こういちいち何か言われたんでは、田原屋も願いさげにしたいなと思った。父は父で、せっかく連れて行ってやった小供達が自分の顔色を見たり、何か自分を敬遠したりする私達を感じて、淋しい気がした時もあったろうと思う。

 白木正光編の「大東京うまいもの食べある記」(昭和8年)では

 毘沙門の向ふ隣。果物屋として昔から名の知れた店ですが、同時に山の手一の美味な洋食を食べさせることも、既に永い歴史になってゐます。店先を見ただけでは、どこで洋食をたべるのか一寸判らぬ位ですが、果物の間を抜けて奥へ行くと食堂があり二階は更に落付いた上品な食堂になってゐます。

 牛込倶楽部の『ここは牛込、神楽坂』第17号で二代目田原屋の奥田卯吉氏が書いた「おれも江戸っ子、神楽坂」では

創業時の田原屋のこと
 ここで田原屋とあたしのことを振り返ってみよう。
 先々代は水道町で金魚の卸をしていた。一坪くらいに区分けした浅い池がいっぱいあって、それぞれの種類の金魚が飼われていた。
 やがて神楽坂三丁目五番地に三兄弟たる高須宇平、梅田清吉と、父の奥田定吉が、明治末期に、当時のパイオニアとしての牛鍋屋を始めた。昔、牛の肉を食べるのは敬遠された時代から、ようやく醒めた頃で、大いに流行し繁盛したのである。昔は長男を除く子供は分家せねばならぬしきたりがあったらしく、皆、別姓を名乗っている。
 時代の先端をゆく父たちは、五丁日の魚屋の店が売り物に出たので、長男はそこでレストランを始め、当時、個人のレストランとしては珍しいフランス料時代の先端をゆく父たちは、五丁目の魚屋の店が売り物に出たので、長男はそこでレストランを始め、当時、個人のレストランとしては珍しいフランス料理のコースを出していた。次男は通寺町(現神楽坂6丁目)の成金横丁で小さな洋食屋を出した。特定の有名人等を相手にした凝った昧で知られる店だった。
 末弟の父は、そのまま残って高級果物とフルーツパーラーの元祖ともいわれる近代的なセンス溢れる店舗を出現させた。それは格調高いもので、大理石張りのショーウインドーがあり、店内に入ると夏場の高原調の白樺風景で話題になっだ中庭があり、朱塗りの太鼓橋を渡ると奥が落ち着いたフルーツパーラーになっていた。突き当たりは藤棚のテラスで、その向こうは六本のシュロの木を植えた庭があり、立派な三波さんぱ石が据えられていた。これが親父の自慢で「千疋屋などどこ吹く風」だった。
 昭和初期の当時は、万惣(万世橋)、高野(新宿)、紀伊国屋(青山・スーパーのパイオニア)西村(渋谷)などが揃っていて、常に業界の先頭に立って親睦を
はかっていた。ちなみに「果物は健康の母」なる標語は、父の発案で、組合に協力していた。

 また、その中の「親父と二晩かけて考案したフルーツみつ豆」では

 いまどきフルーツぬきのみつ豆など考えられないくらいだが、これは親父と二晩がかりで考え出したもの。世に言う「フルーツみつ豆」の始まりで、後にあんこをのせて「あんみつ」ともなった。
 当時のお客さんは、フルーツみつ豆を珍しかって、なかなかの好評だった。変色の早い桃、林檎、梨、枇杷などは甘露煮をしてタップリと、そしてメロン、苺、バナナ、サクランボ、西瓜、オレンジなど季節の香りを彩りよくあしらって見事なものとなった。

 現在は「玄品ふぐ神楽坂の関」です。ふぐ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください