大久保通り(筑土八幡町ー神楽坂上ー牛込北町)|拡幅計画

文学と神楽坂

 東京都の予定では、平成31(2019)年度に、「筑土八幡町」から「神楽坂上」を通り、「牛込北町」までの「大久保通り」は、拡張して終了します。幅員は18メートルだったのが、30メートルになります。つまり、小さな小さな道路だったのを、巨大な巨大な都道に変えていくのです。いわばもう1本「外堀通り」ができるのです。神楽坂も大久保通りの北と南、西と東で、かなり違っている可能性があります。

神楽坂上交差点から飯田橋交差点に行くところでは、店舗がなくなるものもあります。青線が新しい道路ができるはずのことろです。(ただし正確なものはありません。)まず遠くに半分見えるのが消防署です。

遠くの角にあるフランス料理の「レ・グルモンディーズ FRENCH-DINING」はなくなり、途中の鉄板焼きの「円居-MADOy-神楽坂」やカフェ「ムギマル2」も確実に消滅します。
神楽坂通りにある「河合陶器店」「山下漆器店」はすでに消滅し、ケーキ店の「チカリシャスニューヨークアマリージュ」はまだ不明ですが、おそらく方向性は決定しているはず。
また、「神楽坂アインスタワー」では大久保通りの拡幅について明確に出しています。

「ここは牛込、神楽坂」第18号「『寺内』に、超高層マンション計画」

 次は反対側で、牛込北町交差点にいくものです。
「牛込神楽坂駅」のすぐ前に大久保通りがやってきます。しかし、これぐらいです。

新しい建物はできていません。はるか昔からこの話を聞いていたからです。

問題は袖摺坂の周辺です。南蔵院の墓地はなくなりません。しかし、パン屋の「MAISON KAYSER 神楽坂店」はなくなります。

 最も不思議なS型に上がる道路(私の命名では新蛇段々)です。どうなるのでしょうか。全く改修はないことはありません。小規模、あるいは大規模な改修があるはずです。その場合にはどう変貌するのでしょうか。 この拡幅は数十年前からあったものです。それがようやくできる。感無量です。

大久保通り(筑土八幡町ー神楽坂上ー牛込北町)|拡幅計画」への3件のフィードバック

  1. K

    1年以上前の投稿に対しての質問で恐縮です。
    『予定では、平成31(2019)年度に、「筑土八幡町」から「神楽坂上」を通り、「牛込北町」までの「大久保通り」は、拡張して終了します。』
    とのことですが、「平成31(2019)年度」というのは、この年度に事業化される見込みということでしょうか。
    また、これはどこかに記載された情報なのでしょうか。

    返信
    1. yamamogura 投稿作成者

      これは私の不十分な部分でした。東京都はこう書いています。http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/11/20nbp500.htm
      「新宿区北町から同区津久戸町までの延長830メートルの区間について事業に着手します。」
      路線名  放射第25号線
      施行箇所 新宿区 北町~津久戸町
      延長   830メートル
      計画幅員 30メートル
      事業期間 平成25年度~平成31年度
      事業費 131億円
      担当事務所 第三建設事務所

      本文も書き直しました。

      返信
  2. K

    さっそくのお返事ありがとうございました。
    頂いた情報も知らなかったので、とても参考になりました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください