神楽坂|志満金 鰻は絶滅危惧種1B類になったけど 

文学と神楽坂

 志満金は昔は島金でした。鰻屋で、創業は明治2年(1869)で牛鍋「開化鍋」の店として始まりました。その後、鰻の店舗に転身しました。場所はここ

 さらに鰻の焼き上がりを待つ間に割烹料理をも味わえるし、店内には茶室もあります。

 実は初めは神楽坂通りではなく、小栗横丁(鏡花横丁)にでていた時もあったのです。

志満金

古老の記憶による関東大震災前の形「神楽坂界隈の変遷」昭和45年新宿区教育委員会

泉鏡花の『神樂坂七不思議』にこの話が出ていますが、仕立屋と書いてあるのは「洋服 ハ木下」に間違えて入っていったのでしょう。

島金しまきん辻行燈つじあんどう
いへ小路せうぢ引込ひつこんでとほりのかどに「蒲燒かばやき」といた行燈あんどうばかりあり。はややつがむやみと飛込とびこむと仕立屋したてやなりしぞ不思議ふしぎなる。

実際にはこの頃は島金(志満金)は小栗横丁(鏡花横丁)のほうに顔を出していたのです。

志満金

神楽坂2丁目に戻る場合
神楽坂の通りと坂に戻る場合は

スポンサーリンク

コメントを残す