貸ボート カナルカフェ|神楽坂1丁目(写真)

文学と神楽坂

 始めに1918年(大正7年)、ボート場がつくられました。こん和次郎わじろう編纂の『新版大東京案内』(中央公論社、昭和4年。再版はちくま学芸文庫、平成13年)の「神楽坂」では…

 昭和8年(1933)、博文館編纂の「大東京写真案内」(博文館部)は……

市ヶ谷見付から飯田橋寄りにあるのが牛込見付、山の手第二の盛り場神樂坂を控へて、ラツシユアワーの混雑はめまぐるしいが、こゝの外濠の貸ボードは、都心に珍らしい快適な娯樂機關である。

大東京写真案内 1933 博文館

 さらに湖水がなくなった光景があります。実際は関東大震災のためなのか、はっきりしません。原典は不明なのです。教えて下さい。

 これから昭和30年後半に飛んでいきます。ボート場はできていますが、あくまでも外堀通りと平行ではなく、牛込橋や神楽坂通り(早稲田通り)と平行に並んでいます。

牛込濠 ボート乗り場

牛込濠 ボート乗り場 外堀風景 昭和30年代前半 新宿歴史博物館

外濠 外堀風景牛込濠 昭和30年代前半 新宿歴史博物館

住宅地図。1990年

 さらに時間が経ち、1996年に喫茶店とレストランが加わり、名前もカナルカフェとして巨大なボート乗り場とレストランになりました。

カナルカフェ。住宅地図。2020年。



貸ボート カナルカフェ|神楽坂1丁目(写真)」への1件のフィードバック

  1. K

    「牛込区史 関東大震災」の写真は、すごい迫力ですね。水を抜いていますが、石垣の補修か何かかも知れません。

    写真から分かるように、この壕はかなり浅くて子どもの腰ほどしかありません。赤坂溜池から水を分流して神田川につなげ、それを広げて壕にしたためだと思います。ボート程度しか利用方法がなかったのでしょう。牛込橋から下流は大規模な浚渫で水運に利用できるようにした。その境界が「どんどん」ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください