神楽の由来は?

この神楽(かぐら)の由来は区の標柱では

  1. 坂の途中にあった穴八幡御旅所(おたびしょ)で神楽を奏したから(江戸名所図会、大日本地名辞書)
  2. 津久戸明神が移転してきた時にこの坂で神楽を奏したから(江戸名所図会、新編江戸志)
  3. 若宮八幡の神楽がこの坂まで聞こえてきたから(江戸名所図会、江戸鹿子)
  4. この坂に赤城明神の神楽堂があったから(望海毎談)

がありますが、どれがいいのか、江戸時代にもうわからなくなっています。ほかにも

  1. 市谷八幡の祭礼に、神輿(みこし)は牛込御門前の端の上に止まり、神楽を奏したから(江戸砂子)
  2. 軽子(かるこ)坂にあわせてかくら坂になった(新宿区教育委員会「新宿区文化財」)
  3. 穴八幡の旅所がここに来る以前から、祭礼のときはこの場所で神楽を行っていた。その後、穴八幡の旅所ができて、さらに神楽をおこなうので神楽坂と呼んだ(牛込町方書上)。あるいは
  4. 築土明神揚場坂(あげばさか)で御輿が重くなり、この地に供物を備え神楽を行い、揚場坂は神楽坂といった(牛込町方書上)
  5. 猿楽練習説(神楽坂界隈20周年記念号、みずのまさを)
  6. 「かぐら」は高く聳えているものを見上げるときに命名する。断崖のこと。(班目文雄「神楽坂は神楽に非ず」『ここは牛込、神楽坂』)
  7. カミクラ坂(カミは神、クラは谷・崖)だったのが江戸弁でミがなくなった。

hatimanここで御旅所(おたびしょ)とは神社の祭礼で、祭神が巡幸するとき、仮に神輿(みこし)を鎮座しておく場所。神輿が本宮から旅して仮にとどまるところです。穴八幡の御旅所は、毘沙門天とは遠くない場所にありました。(ただし穴八幡の正確な位置は地図によって違います)。この『江戸名所図会』の前半10冊は天保5年(1834)、後半10冊は天保7年に書かれています。

寛政1789寛政1789年

1818文政文政1818年


ここは渡辺功一氏の後を追いかけ、7番が一番よさそうですが、しかし、(単数か複数の)誰が「祭礼のときは神楽を行っていた」のかはわかりません。まあ、仕方ないのですが。

歴史と地理に戻る場合は
神楽坂の通りと坂に戻る場合は

スポンサーリンク

コメントを残す