石畳|神楽坂|駒坂

文学と神楽坂

ピンコロ石畳を使ったうろこ張り(扇の文様)舗装は神楽坂通りの南側は2つ、北側は数個あります。ここでは神楽坂通りの北側の石畳です。

駒坂は『ここは牛込、神楽坂』で

井上 それから。おまけでページがあったら入れたいということで、消防署の前の大久保通りを渡って、『ひょうたん坂』を越えて白銀公園の方へゆく。そこから有名な「大〆」のところを通ってすぐのところを、左に曲がって『玉の湯』の方に下りる道。
坂崎 あそこは『駒坂』。となりのひょうたん坂と対で、ひょうたんから駒、ということで。
井上 あの階段のあるところですね。

ほかに玉の湯階段という名前も付いています。

一応、地図で同じことを見ておきます。小さな小さな赤点は石畳がある駒坂です。長くて赤い路地も区道です。地図では立派に見えますが、う~ん噓です。
駒坂3

これが駒坂です。区道です。

石畳|駒坂1
この階段は小さくて、2.7メートル。この石畳は1.96メートルでした。
石畳|駒坂2石畳|駒坂3
下から見るとこうなっています。
石畳|駒坂4ちなみにもうひとつ、区道?を上げておきます。前の右側に書いてあったところです。東側はここで、幅はたったの91センチ。区道東

西側はここで、幅は1.55cm。
区道西


幅1メートルもないので、これは本当に区道でしょうか。

石畳とマンホール

成金横丁 白銀公園 瓢箪坂 駒坂 川喜田屋横丁 神楽坂上 神楽坂5丁目 牛込亭

文学と神楽坂

スポンサーリンク

コメントを残す