カテゴリー別アーカイブ: 石畳

石畳|神楽坂|クランク坂上

文学と神楽坂

この奥、先にはまた階段になっていて、「クランク坂」といいます。寺内公園20160117

この先は前に玄関がありますが、右手に曲がって「クランク坂上」につながります。下は以前のクランク坂です。

クランク

『ここは牛込、神楽坂』第13号の特集「神楽坂を歩く」では

坂崎 非常に入り組んだ地形でね。階段があったり、坂があったりして。
井上 ふつうの人はまず入ってこない。
  カギ形に入り組んでいるから『クランク坂』。交差してないから卍坂とはいえないし。
坂崎 いいネーミングだなぁ。

なお、クランク (crank、道路)とは「直角の狭いカーブが二つ交互に繋がっている道路のこと」(ウィキペディア)です。写真を4つ連続して載せておきます。結構いい場所です。

石畳 クランク坂上
石畳 クランク坂上2
石畳 クランク坂上3
石畳 クランク坂上4

石畳とマンホール

文学と神楽坂

スポンサーリンク

石畳|日仏学院

文学と神楽坂

『東京日仏学院』です。もとい、「2012年9月1日、東京日仏学院、横浜日仏学院、関西日仏学館、九州日仏学館が、フランス大使館の文化部と統合してアンスティチュ・フランセ日本グループが誕生し」たそうです。したがって、かつては「東京日仏学院」でしたが、現在は「アンスティチュ・フランセ東京」です。日仏学院
東京日仏学院日仏学院1

昭和29年4月15日、著者ノエル・ヌエット (Noël Nouët)氏、訳者酒井傳六氏による「東京のシルエット」が出ています。定価は430円。ヌエット氏の当時の住所は新宿区矢来町12-4でした。
日仏学院ここも石畳がきれいです。なんとなく紅小路の石畳と似ています。
石畳と日仏学院
『拝啓、父上様』でもでています。第5話で

日仏学院
  その構内にかけこむ2人。
  荒い息ついてハアハアと向き合う。
  2人とも息が上がり、ものがしゃべれない。
  しゃべれないまま少女、ニッと笑う。
  一平。
 り「拝啓。父上様。 
  ――とうとう逢えました!」
  音楽――静かにイン。B・G。
 
日仏学院・カフェテラス
  枯木立ちのカフェに向き合っている二人。
少女「パハドン。ジュ・トゥ・デランジュ」
一平「――」
少女「ジュ・テ・デランジュ・ドゥ! フォワ!」
  間。
一平「あなたどこの人?」
少女「――」
一平「国」
少女「ジャポネーズ」
  間。

日仏学院と拝啓父上様

石畳とマンホール

逢坂 通りと坂に戻る

スポンサーリンク

石畳と化粧マンホールふた

文学と神楽坂

神楽坂の石畳とマンホールをまとめて見ました。マンホールで人間が入れない枡や側溝もまとめています。場所は石畳の地図に書いてあります。

見返し横丁が一番マンホールらしくはないもの。化粧蓋(化粧マンホールふた)を使うところはここだけです。クランク坂上はもっとも昔のもので、別の意味でマンホールらしくないものです。酔石横丁はマンホールらしくないものを狙ってマンホールらしいマンホールになりました。

化粧蓋とは景観を損なう事なく、周囲と全く同じ材料や舗装材を使って充填できるものです。

紅小路 マンホールの形をそのまま出しています。まあ、なにもしていないわけです。 石畳とマンホールと紅小路石畳とマンホールと紅小路2

 

 

見返し横丁石畳とマンホールと見返し横丁3石畳とマンホールと見返し横丁2石畳とマンホールの蓋を比べてみると、見返し横丁だけがあらゆる点で似ています。正確に石畳の形をとってそれをマンホールの上に載せたものでしょうか。こんな蓋を化粧蓋(化粧マンホールふたとよんでいます。

 

 

石畳とマンホールとかくれんぼ石畳とマンホールとかくれんぼかくれんぼ横丁 やはりいろいろな形になっています。

兵庫横丁 石畳とマンホールと兵庫横丁石畳とマンホールと兵庫2 最初は和可奈の前で、おれはおれだと自己主張していもの、もう1つはひっそりと他のものとそっくりなもの。

石畳とマンホールとクランク坂クランク坂上 これはほかのマンホールと全く違います。大きな石板自身がマンホールの上蓋になっています。一番昔のものでしょうか。

石畳とマンホールと酔石横丁酔石横丁 さまざまな大きさのマンホールがありますが、形は全部この形です。一番安い化粧蓋なのでしょうか。似合わないなあ。もうすこしいいものを買った方がよかった。



石畳とマンホールと毘沙門横丁毘沙門横丁 2つのマンホールが出ています。手前は普通のマンホールの蓋、奥も普通の円盤状のマンホールです。



石畳とマンホールと寺内寺内公園 公園の中身にはありませんが、外の2つがマンホールです。ここはそのうち1つです。たぶん側溝(ます)でしょうか?

文学と神楽坂

スポンサーリンク

石畳|神楽坂|毘沙門横丁

文学と神楽坂

 ピンコロ石畳を使った鱗張り舗装は神楽坂通りの南側は2つ、北側は数個あります。
西→東
 
 まず、2本の石畳の小路です。最初は、毘沙門横丁椿屋の奥(三つ叉通り)とを結ぶ石畳の小路です。下図は西の入口から東方を見た時で……

石畳東→西(入口) さらに、下図では石畳の小路は東の入口から西を見た場合です。
 東の入口を使ったのは相当昔のようで、何個もピンコロが剥け落ちています。しかし、そこが終わると……

石畳東→西(半ば)きれいな石畳だけが広がります。ひょっとすると一番きれいかも?
 
 さて、もう1本は毘沙門横丁と袋小路を結ぶ路地(ひぐらし小路)です。ひぐらし小路
 正面は懐石・会席料理「神楽坂 石かわ」です。その前は石畳です。この路地をつくるのに3つの別の舗装を使っています。1つは手前で、写真の左側には何があるのかよくわかりませんが、実は普通のマンションが建っています。ここは単にアスファルトで覆っています。
 真ん中の路地の舗装は石畳です。さらに右側は「石かわ」がはいっていて、石畳ですが、石畳の流れは違っています。

 奥から見たものですが、左側は「石かわ」の石畳、右側は昔からの石畳です。昔からの石畳は、半分にされているのもあります。
ひぐらし小路(内→外)
 これは「みなし道路」に似たものをつくったのでしょう。道路の両端に敷地があるとその道路の中心から2m後退した線を道路の境界線と見なし、建物はそこからたてます。このセットバックで、一部残念な場所ができました。

神楽坂の地図

神楽坂の地図

石畳とマンホール

文学と神楽坂

石畳[昔]|赤城神社|赤城坂

文学と神楽坂

ピンコロ石畳を使ったうろこ張り(扇の文様)舗装は神楽坂通りの南側は2つ、北側は数個あります。
ここでは別の1つを見てみましょう。場所は赤城神社の下、赤城坂の傍です。赤城神社からはあっという間もなくついてしまいます。
しかし、13年5月では石畳はちゃんとあったのですが、13年8月にはなくなってしました。
赤城坂の石畳
今はなくなっています。ここは区のものですから、仕方がないといえばそうなのですが。赤城神社[昔]
 

石畳|神楽坂|寺内公園

文学と神楽坂

ピンコロ石畳を使ったうろこ張り(扇の文様)舗装は神楽坂通りの南側は2つ、北側は数個あります。ここは神楽坂通りの北側の石畳のうち「寺内(じない)公園」です。

この公園は3種類の石畳からできています。1つは鱗張り(扇の文様)舗装です。もう1つは大きな板を置いた舗装。最後はアスファルトで覆った舗装です。
 
石畳 寺内公園
一番前の舗装は鱗張り(扇の文様)です。右には赤茶けた石の舗装が貼っています。さらに遠くにはアスファルト・コンクリートで覆っています。ここでは手前が赤茶けた石の舗装、奥がピンコロ石畳です。
 
石畳 寺内公園
 
ここでは手前がピンコロ石畳で、奥がアスファルト・コンクリートです。
 

石畳 寺内公園 アスファルト

この名前については平松南氏がインターネットの「神楽坂をめぐる まち・ひと・出来事」2004年03月01日「神楽坂学を成立させることができるか(2月27日)」にこう書いています。

 神楽坂はじめての超高層26階建てマンションは、新宿区の区道付け替えで区長が住民から訴訟を起こされたが、区道と交換に60坪ほどの小さな「提供公園」がデベロッパー側から区に差しだされた。
 公園には名前がなかった。新宿区は名前がないことをとくに気にする様子もなかったが、わたしたちは「寺内公園」の名前を提案した。江戸時代ここは行元寺があり、「寺内」とよばれるようになった。新宿区の公園担当部局は、みどりや歴史のことはあまり関心がなく、わたしたちの要望はそのまま受け入れられた。
「寺内公園」では、新住民にはなにがなんだか分からなかろうということで、公園周辺の歴史や名前の由来を説明する看板をつくることになった。寺内の花柳界を昭和12年に浮世絵版画に仕立てたフランス人ノエル・ヌエットの絵も載せることにした。提供してくれたのは麹町のフランス人収集家クリスチャン・ポラックさんである。
 2月初旬にそのゲラがでてきた。私は掲載直前の文章の校閲を担当した。

この文章は「寺内公園」の案内板に書いてあります。

この奥、先にはまた階段です。この先は前に玄関があって、行っても行き止まりだと思うのは間違いです。クランク坂上につながります。
クランク坂

石畳とマンホール

文学と神楽坂

石畳|神楽坂|駒坂

文学と神楽坂

ピンコロ石畳を使ったうろこ張り(扇の文様)舗装は神楽坂通りの南側は2つ、北側は数個あります。ここでは神楽坂通りの北側の石畳です。

駒坂は『ここは牛込、神楽坂』で

井上  それから。おまけでページがあったら入れたいということで、消防署の前の大久保通りを渡って、『ひょうたん坂』を越えて白銀公園の方へゆく。そこから有名な「大〆」のところを通ってすぐのところを、左に曲がって『玉の湯』の方に下りる道。
坂崎  あそこは『駒坂』。となりのひょうたん坂と対で、ひょうたんから駒、ということで。
井上  あの階段のあるところですね。

ほかに玉の湯階段という名前も付いています。

一応、地図で同じことを見ておきます。小さな小さな赤点は石畳がある駒坂です。長くて赤い路地も区道です。地図では立派に見えますが、う~ん噓です。
駒坂3

これが駒坂です。区道です。

石畳|駒坂1
この階段は小さくて、2.7メートル。この石畳は1.96メートルでした。
石畳|駒坂2石畳|駒坂3
下から見るとこうなっています。
石畳|駒坂4ちなみにもうひとつ、区道?を上げておきます。前の右側に書いてあったところです。東側はここで、幅はたったの91センチ。区道東

西側はここで、幅は1.55cm。
区道西


幅1メートルもないので、これは本当に区道でしょうか。

石畳とマンホール

成金横丁 白銀公園 瓢箪坂 駒坂 川喜田屋横丁 神楽坂上 神楽坂5丁目 牛込亭

文学と神楽坂

石畳|神楽坂|兵庫横丁

文学と神楽坂

ピンコロ石畳を使ったうろこ張り(扇の文様)舗装は神楽坂通りの南側は2つ、北側は数個あります。
ここでは神楽坂通りの北側の石畳です。「兵庫横丁」です。やはり左側を流れる石畳は中央を流れる昔の石畳とすこし変わっています。
 
石畳|兵庫5
 

石畳|兵庫4下水道でしょうか。よく見えます。これはう~ん微妙です。

遠くから見るとたちまちきれいに見えてくるので、不思議。石畳

上に乗った店もどこか違います。
石畳|兵庫2

小さな路地も美しい。
石畳|和可奈

石畳とマンホール

文学と神楽坂

石畳|神楽坂|酔石横丁

文学と神楽坂

 ピンコロ石畳を使ったうろこ張り(扇の文様)舗装は神楽坂通りの南側は2つ、北側は数個あります。

 酔石横丁(牛込倶楽部『ここは牛込、神楽坂』第13号「路地・横丁に愛称をつけてしまった」1998年)、または、まちなみ景観賞の路地(けやき舎『神楽坂おとなの散歩マップ』2007年)というのはここです。

 神楽坂通り商店会が出した神楽坂マップによれば「神楽坂の持つ『伝統と進取の心』を象徴する横丁。石畳の奥には、町屋造りの落ち着いた酒亭と、テラス席をもつクレープ料理店が向かい合って営業しています」(場所はここここ)と書かれています。

酔石1

 それより前のここはどうでしょうか。幅4mのいっぱいに石畳が敷き詰めています。まあ、ちょっと下水の入口が違っていますが。

酔石2



 ここについては毘沙門せんべい福屋の福井誠一郎さんは「神楽坂まちの手帖」第15号(07年冬)でこう話しています。

「実は九年前、この石畳をアスファルトにかえる「チャンス」はあった。それでも「下水管工事は、9割まで区が負担してくれる。舗装もアスファルトに復旧するんなら、区がやってくれる。だけどそれじゃやっぱり風情ががないから、みんなでお金をだしあってもとの石畳に戻した」

石畳とマンホール

文学と神楽坂

石畳|神楽坂|紅小路

文学と神楽坂

つぎが中から「本多横丁」にでてくる「紅小路」です。

石畳と紅小路1

ピンコロ石畳は他のより色が黒っぽくなっています。色が違っているので、恐らく石畳が作った時代も違っているのでしょう。

石畳と紅小路2

しかし「紅小路」内部から外の神楽坂通りにいくほうになると、下水道もはっきり見えます。反対側はG
なにか石畳の流れは少なくとも2本ありそうです。右側の丸い扇型の流れと、左側の直線型の流れです。

文学と神楽坂